脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

アルゼンチン 国内移動 636DAYS(JAN/17/2020)

ブエナスタルデス。脱サラジャーニーです。

今日はアルゼンチンの北の都市であるSalta(サルタ)に移動します。ということで、宿をチェックアウトしたら地下鉄に乗りAeroparque Internacional Jorge Newbery(ホルヘ・ニューベリー空港)にバスが出ているRetiro(レティーロ)に向かいます。来た電車に乗ると昨日乗った電車より電気が暗い・・・古いタイプの電車に乗ったんだと思いながらレティーロ駅に到着。駅を降りてバスの接続と書いてる出口に向かいます。

出口を出るとバス停があったのですが、ホルヘ・ニューベリー空港に行く33番と45番のバス表示はなし。ここではないようだ・・・

ということで、レティーロ駅の前い移動。大きな駅だなと駅の中に入るとスタバがあったのでネットをつないでバス路線検索・・・googleマップで経路は出ない(汗)

とりあえず、バスの番号はわかったいるので通勤ラッシュの人の中番号が書いてあるバス乗り場へ。周りの人に空港行くか確認するとどうも逆側行きのようなので道路を渡りバスを探します。

45番のバスが来たので空港に行くか確認すると違うと言われ色々人に確認しやっとバス乗り場に到着。早めに宿出て正解だったな。

バスが来たのでちゃんと空港行くか確認して乗り込み30分ほどで到着。途中道路工事中の場所があったりして変な道を通るのでちゃんとつくかドキドキしてましたが。

飛行機の遅れも内容でチェックインも無事済ませ出発ロビーへ。国内線と国際線の入り口危うく間違えそうになりましたが無事チェックインして搭乗口に向かいます。しかも空港の端と端。

搭乗時間になり飛行機へ。そのまま乗れるのかと思ったら一旦空港の外へ。景色をとったら乗り込みます。今回も窓側ゲットです。

出発時間になりました。さよならブエノスアイレス。

約2時間のフライトを経てサルタのAeropuerto Internacional General Martín Miguel de Güemes(インテルナシオナル・ヘネラル・マルティン・ミゲル・デ・グエメス空港)に到着。

やっぱり、地方の空港ということもあってか小さい感じ。事前に宿の方に行く8Aのバスの乗り場を調べておいたので1キロ弱歩いて向かいます。到着するとすぐにバスが来たので乗り込みブエノスアイレスで買ったカードをかざすとNG。運転手に現金を渡そうとすると受け取ってくれず、他の人のカードを借りて現金の25ペソを支払い移動します。

宿近くにバス停に到着したので降りて宿へ。田舎って感じでいい雰囲気だね。

さて、今回のサルタではリマであったリサコちゃんと丁度スケジュールがあったので肉を食おうとの約束をしていました。到着時はリサコちゃんは外出中だったので水を買いに近所のスーパーに買い物に行くと・・・閉まってる(汗)

なので、宿に戻りリサコちゃんと合流してから開いていると言われたスーパーにお酒を買いに。夕方の17時ぐらいまではこの辺りのお店は閉まっているらしく事前に入っている人の情報重要と思いながらお酒を書い事前に購入しておいてくれたお肉1キロで肉パーティー。1キロなのに600円だしワイン2本で800円くらいだし最高だなと久々に言葉ストレスのない楽しい時間を過ごしていると明日予定していたツアー会社から連絡が

明日ホステルまで迎えに行けないからツアー会社の場所まで歩いてきてね

おいおい、ここから3キロほどあるしといい感じで酔っ払っていたのに酔いも冷め交渉・・・結局迎えには来ないと(汗)

明日の朝5時起きかと思いながら酔いも冷めちゃったのでさらにワイン2本追加してホステルのオーナーにアルコール依存症なのか的な感ンジなことを言われながら夜は更けていくのでした。


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。