脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

アルゼンチン パラグアイ 国境終え 643AYS(JAN/24/2020)

ブエナスタルデス。脱サラジャーニーです。

今日はParaguay(パラグアイ)のYguazú(イグアス)地区にある民宿小林に移動します。南米や他の場所の旅行をしている時にパラグアイに行くと話すと絶対名前が出てきた宿。ネットでも伝説の宿とか書いてあるので行くのが楽しみなんです。ただ、事前に観光スポットを調べると周りには本当に何もなく大丈夫かなと昨日の夜に思いながら就寝し起きると濃霧。でも、こういう日の朝はめっちゃ晴れるんだよな。

ほら!

ということで、今日イグアスの滝に行く人はいいなと思いながらバスターミナルに到着。パラグアイの国境の町であるCiudad del Este(シウダード デル エステ)行きのバスチケットを買おうとイグアスの滝に行った時の窓口に行くと

7番から今出るぞ!

と、言われバックし始めたバスを呼び止め乗車。運賃は事前に210ペソと聞いていましたが、200ペソでした。

20分ほどでバスはアルゼンチンの国境管理(イミグレ)に到着。荷物を置いてみんなパスポートに押印しに行きます。10分くらいで全員出国のハンコを押し終わり出発。イグアス川を渡ってブラジル側のFoz do Iguaçu(フォズ・ド・イグアス)に到着。国境管理が見えてきました。

が、ここはスルーしてそのままフォズ・ド・イグアス市内をバスはそのまま走っていきパラグアイとの国境近くに到着。この辺りから車の渋滞が始まりブラジルのパラグアイ川との間のイミグレもそのままスルーしてFriendship Bridgeに入ります。

パラグアイに無事入国。で、日本人の私としてはここでやらなければいけないこと。それはパラグアイのイミグレで入国のハンコを教えてもらうこと。ということで、バスの車掌にパスポートハンコ必要だからおろしてねとお願いしておいたのでバスが停車し窓口へ。バス待っていてくれるかなと思ったけど私だけをおろして行っちゃいましたので、ウダード デル エステの街を散策しながら銀行へ・・・って何箇所か地図の銀行マーク回ったけど全部空き店舗になってますやん

ということで、ATMのマークで再度検索し直しやっと発見。パラグアイのお金であるグアラニー(1グアラニー=0.017円)を入手。

もう、イグアス地区に行くバスターミナルであるTerminal de Omnibus Ciudad del Esteまでの半分の距離歩いてきちゃったのでそのままバスターミナルに向かいます。近くに大きなスーパーマーケットがあったので買い物したらバスターミナルへ。

バスターミナルに行き民宿小林がある地域のYguazú(イグアス)行きのバス乗り場を教えてもらい待ちます・・・待ちます・・・待ちます

どんだけ待つねん(汗)

40分経過しやっと乗り場にバスやってきました。(バスは30分から1時間毎らしく、日曜日はさらに本数減るらしいです)大きいバスで移動すると思っていたけど乗り込みます。

ネットで事前に運賃10000グアラニーと書いてありましたが15000グアラニーを支払い(後で民宿小林に行って確認したら15000グアラぶーが正規の価格のようでした)

53キロ

で、降ろしてくれと車掌にお願いします。(この53キロってのが大事で、イグアスコロニアは日本人移住地区で42キロの地点にあって結構離れているのです。)

バスはちょこちょこ止まりながら進んでいくので目的地の53キロ地点までは2時間ほどかかりました。ちなみに、53キロや42キロと行っているのは国境からこの道路の距離を意味しているということを後で教えてもらいました。

53キロ地点に到着。事前情報通り何もない(汗)

でも、晴れているしいい感じだなと民宿小林に向かいます。

赤土の道、向こうに緑の畑、その上には青い空といったのどかな景色を見ながら民宿小林に到着


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。