脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

ブラジル サンルイス 613DAYS(DEC/25/2019)

ボアタルジ。脱サラジャーニーです。

朝の便でSão Luís(サンルイス)に移動となり約3時間半のフライトを経てAeroporto Internacional de São Luís – Marechal Cunha Machado(マルクンハ クーニャ マシャド国際空港)に到着。今回は2回の中継拠点経由でマナウスで預けたバックパックがちゃんと現れたときは嬉しかった。

事前に調べたら、旧市街に行くバスは出てこなかったのでuberを呼びマルクンハ クーニャ マシャド国際空港内を少し見学。可愛らしい絵がたくさんありました。

で、uberの迎え時間を確認しているのですが6分から15分ぐらい変わらず・・・空港の外にバス乗り場があるのを見つけたのでキャンセルしてバスで移動する事にします。しかも、バス乗り場に行くとT901バスの運行ルートも書いてあって目的地付近にちゃんと行きそうだし。

しばらく待っているとバスがやって来ました。運賃の3.40レアルを払い出発。クリスマスの休日だからなのかバスにはほとんど人は乗っておらず、街も静まり返っています。そのまま30分ほど乗っているとCohatracというバスターミナルに到着しました。ここで、車掌のおばちゃんから降りるように言われます。えっ?このバスこっちの方まで行かないのと聞くといかないと行っている風。いきなりバス停で降ろされると困るから次のるバスを教えてもらおうと確認するも「英語わからない」と話進まず。そんな状態を見た運転手が助けてくれて、このままこの隣の56番に乗れば行くと教えてくれました。全然余裕で宿近くまで行けると思っていたから本当に焦りました

言われた56番バスがやって来たので、後ろのドアから乗り込み(乗り換え地点なのでお金は払わず)宿近くのSan Francisco Bridge(サンフランシスコ橋)を渡りバス停に到着。

ここからの景色はいい感じだねと宿へ向かいチェックイン。

シャワーも浴びて翌日のシャトルの予約も終わったので買い物がてら街の散策をしに向かいます。まずは、St. Anthony Churchの方に行くのですが・・・クリスマスということもあってか街はゴーストタウンかと思うぐらい人がいない。

そのまま、Mercado Central(セントラウ市場)の方に向かうとやっと空いているお店を発見。ビールを飲んで一息つきます。

そのまま海方面に向かったら海沿いを歩き歴史地区に向かいます。しかし・・・暑い(汗)

少し遠回りしましたが、サン・ルイス歴史地区に来ました。道には飾り付けがされておりその道を進みCatedral da Sé(セー教会)にやって来ました。

セー教会を出てそのまままっすぐ進むと明らかにPalácio dos Leões (ライオンズ宮殿)の前で夜何かをやる準備をしている。

きっと日が沈んで暗くなってから何かやるんだろうと思い、今日の夕日を見たらここに戻ってこようと考え景色を見ながら一旦宿に戻る事にします。

夕方近くになりました。という事で、夕日を見に行こうと思いStone Memoryに向かいます。

到着し、壁に寄りかかり夕日を見ているとおばちゃんが声をかけて来てお菓子をくれました・・・クリスマスだからなのか私が何も食べていない人で哀れんでくれたのかはわかりませんが、初めての体験だったのでちょっと戸惑ってしまいました(笑)

さて、夕日も沈み暗くなって来たので先ほどのライオンズ宮殿に向かいます。歩道が無くなるぐらい車止まっているしライオンズ宮殿の方には大勢の人がいます。そんな中今まで流れていた音楽が止まり辺りが暗くなりプロジェクションマッピングが始まりました。

建物の前には大勢の人が映像を見入っていて約10分の上映は終了し次の上映時間が出ました。

どうやら30分に一回やっているようなのでそれまで周りを散策しちゃいます。夜これだけの賑わいがあるってことは今日の昼間はみんな寝ていたのかもしれないな(笑)

次の上映時間5分前になったので一番前をゲットしゆっくりみることができました。

さてと、今日はそろそろ宿に帰る事にします。


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。