脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

ブラジル バヘイリーニャス 614DAYS(DEC/26/2019)

ボアタルジ。脱サラジャーニーです。

今日はParque Nacional dos Lençóis Maranhenses(レンソイス・マラニャンセス国立公園)に行くのでそのツアーが開始される拠点であるBarreirinhas(バヘイリーニャス)に移動します。そこへのバスのターミナルは旧市街から遠い場所にあるのでホテルに確認したらシャトルがあるとのことで価格も70レアル(バスは60レアル)でホテルに迎えに来てくれるとの事だったので予約しました。という事で、ピックアップの7:30までは特にやることもないので日の出を見たら宿で休憩。

7:30を少し過ぎた時間にシャトルやって来ました。マナウスのアマゾンツアーから帰ってくるときに乗って来たミニバンと同じ形で(ブラジルはこの形のシャトルがたくさん走っていました)中はほぼ満席。空いていた一番後ろの席に織り込むもせっ、狭い。シャトルは出発し、さらに乗客も乗り込み満席に。バスだったらもう少しくつろげたのかもと思いましたが、まぁ、これはこれで仕方ないね。

シャトルは1時間半ほど行った場所でトイレ休憩。はぁ、やっと狭い場所から解放された。

20分ほどの休憩を経たらここから約2時間の移動でバヘイリーニャス到着しました。で、到着時もホテルまで送ってくれるようで11:45に宿に到着。

宿に到着すると、事前に宿でツアー申し込めるか確認していたのでチェックイン後に今日の夕方と明日のツアーの開始時間と価格を確認すると(事前には教えてくれなかった)今日の夕日が80レアル、明日の昼間のツアーが130レアル・・・ネットで事前に調べたのは300ドルぐらいだったのでその安さにビックリしてすぐに申し込みました。で、ツアー開始の14時まで洗濯や近所散策をして時間を潰します。

14時半にピックアップの車がやって来ました。4WDのトラックの荷台に座席があるもので、たまたま一番前の席が一席だけ空いていたので座り私がツアー参加最後の一人だったようでそのまま出発になりました。最初は、近所のミニスーパーに止まり水等を購入して車は出発したら船着場に到着。船で向こう岸に渡るのを待ちます。

向こうまで行った船が戻って来ました。4台毎に船に乗って向こう岸まで輸送され車の後は人も乗り込み(乗り込む時に水の中に入るので濡れてもいい靴での参加をお勧めします)向こう岸に到着し車に乗ったらレンソイス・マラニャンセス国立公園に向かいます。

ブラジリアンマッサージの道を(つまりは、めちゃめちゃ揺れるという事)約1時間ほど進んでいき、レンソイス・マラニャンセス国立公園が見えて来ました。

ツアーの車が集まる村のような場所に到着し、この坂を登ったらレンソイス・マラニャンセス国立公園になるとの事で進んでいきます。砂漠の坂がめっちゃしんどい(汗)

砂の坂道を登り目に入った光景が

これ

しばらく動けませんでした。

ガイドや他の人達も登って来たのでガイドについて歩いていきます。どうやらあのオアシスに向かうようです。

水は想像以上に透明でこのオアシスで30分ほど過ごしたらもう一つのオアシスに向かいます。

ここのオアシスでも30分ほどの自由時間。

そろそろ日も傾き始めたので夕日を見に最初に来た場所に戻るとの事で集合したのですが、ガイド達が話し込んでいてなかなか出発しないし。

夕日を見たらツアー終了。本当は、オアシス越しに砂漠に消えていく太陽が見たかったのですが、それは流石に無理でした。

さて、また1時間の悪路を走ってバヘイリーニャスに戻ります。途中でもうすっかり暗くなり、枝葉かトラックにぶつかるので結構帰りはスリリングでした。

最後は、川を渡りツアー終了。実は、事前に私の行く今の時期である乾季になっていて繁忙期の雨季と違いオアシスが少なくて面白くないと聞いていたのですが、ちゃんとあったのでこの時期でも楽しむこと出来ました。


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。