脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

ホンジュラス テグシガルパ 575DAYS(NOV/17/2019)

ブエナスタルデス。脱サラジャーニーです。

待ちに待った朝がやってきました。地図を見ると次の移動先であるSan Pedro Sula(サン・ペドロ・スラ)に行くCristina(クリスティーナ社)のバスターミナルまで3キロほどの距離。ホンジュラスのお金のレンピラの写真を撮ったら先にチケットを取りに歩いて向かうことにします。

やっぱりこの辺治安悪いのかな、でも明るいから大丈夫だよねとちょっとドキドキしながらクリスティーナのバスターミナルに到着。(テグシガルパは外務省の危険レベル2だしね)

中に入り明後日移動するサン・ペドロ・スラへのバスチケットを入手。現金は足りなかったので240レンピラのチケットをクレジットカードで購入しました。

ここまで歩いてきた途中にセントロ行きのバンがある場所を見つけていたのでバスターミナルを出て道路を渡ったバンが発車する場所に行き乗り込み移動します。なんだ、昨日泊まったホテルの道通るんじゃんと思いながらEstacion de Buses Primera Avenidaという市場入り口に到着。

まだはやい時間なので、今日予約している宿には向かわずセントロ付近を散策。Iglesia de Los Dolores(イグレシア・デ・ロス・ドローレス)という教会が見えたので向かってみます。

朝も早いので教会内にはまだそんなに人が来ている感じではなかったです。

イグレシア・デ・ロス・ドローレスを出たらParque Central Tegucigalpa(パーク・セントラル・テグシガルパ)にあるCathedral of Tegucigalpa(カテドラル)へ。今日は日曜日ということもあってかミサ中。流石に奥には入れませんでした。

さて、少し早いですが今日予約してるHotel Nan Kinに向かいます。ホテルの名前が名前だけに南京虫とかいないよねと不安になりながら歩いていくと屋台でオムレツのような食べ物を売ってました。価格を聞くと22レンピラ。小銭が1レンピラ足りませんでしたが、おまけしてもらい購入。予想に反して中にはお米が入っていて思ったより美味しかった。

Hotel Nan Kinに到着し中に入ると真っ暗・・・早めのチェックイン出来るようなのですが通り自体が停電していてwifiも使えず。1時間ほど待機して非常用電源が入り10時にチェックインさせてもらえました。ただ、現金がないので荷物を置いたら近くのATMを教えてもらいお金を引き出したら再度宿に戻ります。ということで、重い荷物もおろせたので本格的に街の散策に向かい先ほどのパーク・セントラル・テグシガルパ到着。ステージの上ではダンスなんかもやっていて日曜日は盛り上がる感じでした。

街の散策とは言っても、テグシガルパの街はあまり観光する場所もないのでとりあえずMuseo para la Identidad Nacional(国民性自己同一性博物館)に行く事に。

入場料120レンピラを支払い中へ。一階をウロウロすると現代アートの展示ぐらいで目新しいものはなし。というか、最初電気消えていて係りの人が慌てて電気をつけてくれました(笑)

こんなんで120レンピラなのかなと思いながら係りの人が2階を指差すので向かいます。

博物館ありました。こっちがどうやらメインのようです。ただ、博物館の説明はスペイン語だし機械はちゃんと動かないし・・・

まぁ、そんなこともあるかととりあえず全部見て外へ。

正面にGaleria Nacional de Arteがあったのでそっちも見学。入場料65レンピラ・・・すぐに見終わっちゃったし、入らなくてもよかったかも(汗)

なんか、面白いものないかなとMercado San Isidro(サン・イシドロ市場)に向かいます。テグシガルパの街からの景色はいい感じなんだけどね。

サン・イシドロ市場に到着しました。大きな市場でしたが特に変わったものもなく(リモコンがすげー並んでいたぐらいかな?)見学終了。


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。