脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

2017年2月3月の南米(ペルー・ボリビア・ブラジル)旅行その23

少し眠って23時になったので、カーニバル見学に向かいます。若夫婦は和装をして気合満タン!私も半纏とか持ってくればよかったな(汗)会場まで、プレジデンテ・ヴァスカル通りを歩いて向かいます。途中、オーナーさんからあまり携帯カメラとか出さないでねといわれたのですが...テンションあがってしまい(隠しながらですが)撮ってしまいますって。ただ、途中ご一緒しているおばちゃん1名が近くを歩いてこちらを見ているおっちゃんに狙われてると言い出したり、向こうからきた人がわざとぶつかりそうになったりするので結構気をつけてくださいね。あと、急にすぐ横サンバチームが出発すると花火の連射されるので心臓止まらないように気をつけてくださいね。

無事にセクター偶数側(2~8)の入場口に到着。(奇数の入口はCentral駅側になります)案内兼ボディーガードをして頂いたオーナーさんとはここでバイバイとなり記念撮影を撮ってもらいいざ中へ!!

我々は、1F席なのでそのままチケットを見せて会場の席に向かいます。会場に入って、まずは人々の熱狂と会場の大きさに圧倒されました。しばらくすると、通りにおいてあった山車がやってきます。大きいだけでなくて人が乗って踊っています。我々がついたときは、2チーム目が踊っていました。(27日は6チームが出場していました)

あっ、ちょっとサンバの説明をしておきます。今回サンバカーニバルは、セクター4のフリーザC(前から3番目)で予約しており6人一組の升席となります。お値段は、35000円/1名くらいするのよね。でも、一生に一回かもしれないからオーナーさんにかなり前から注文をお願いし取って頂きました。ちなみに、外国人観光客向けはセクター9になるのですが、旅行前フリーザを調べたら6万円/1人でした。(さらに最後で税金分も追加金額されるし6人席で購入必要)さらに後日調査やオーナーさんから聞いた話も含めて解説すると、私の見に行った27日は3月に実施されるチャンピオンと他に踊る5チームが決まる日(決勝?)の2日目となります。優勝賞金約4億円(といわれている)を競ってるらしいです。というか、各チームのこだわりを見ると4億で足りないんじゃないかな?

尚、順位低いチームから始まる順番になっているらしく、後半チームになるにつれて確かにうまいような気もしました。各チームのパレードは1時間ぐらいの持ち時間で終る必要があり延長すると審査時に減点対象になるようです。あと、サンバカーニバルに出場するチームはたくさんあり、(Jリーグみたいに3部リーグなんかもあったりするらしく)結果によっては入れ替えが起きるらしいです。(ちなみに私が見た2017年は、事故の影響で最下位になったチームがあったのですが、そのチームも含め2018年の決勝は13チームで実施するとの事です)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。