脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

2017年2月3月の南米(ペルー・ボリビア・ブラジル)旅行2 

マチュピチュ行きの電車チケットも無事入手できたので、ペルー通貨のソルに換金をしホテルへの移動手段を模索。空港内をうろちょろしていると「official taxi airport」の制服を着た人が、お前タクシー探しているのかと近寄ってきた。アルマス広場近くのホテルまで行きたいのでタクシー紹介をお願いし値段を確認すると、15ドルとの事。事前に確認した空港からアルマス広場までは25ソルとくらいと知ってはおり約倍だが、時間もないしホテル移動前に「クリストブランコを経由してサン・クリストバルによって写真をとってホテルに行っても良いか」を確認したところ良いとのことで、このタクシーで移動する事に。運転手は比較的良いやつっぽくて、クリストブランコまでの移動中スペイン語でガイドしてくれているがなんとなーく聞いてます(笑)。

クリストブランコ到着。ここからは、クスコの町が一望できると書いてあったので来てみました。ご覧の通り良い景色に出会えました。

次は、サン・クリストバルに移動なのですが、サクサイワマン遺跡の近くを通るので車を止めて写真撮影。ドライバーから中に入るかといわれチケット売り場前で車を止められたが、時間がないのでスルーします。

サン・クリストバル教会に到着。ここも気色が良いところになります。写真を撮って予約をしているUkukus Hostel(URL:http://www.ukukushostelperu.com)に到着。

チェックインは11時以降とのことだったのですが、とりあえず9時に到着してしまったので扉を叩いて見たら開けてもらえたので中へ入り部屋の準備はまだとの事で荷物を預け食事をかねて街に向かいます。まずは、アルマス広場方面に歩いていくとサンペドロ市場(中央市場)があるのでここで食事をとる事に。思ったより広い市場です。地元民で混んでいる店で呼込みをしていたので注文することに。写真付のメニューを見せてくれたのでお肉の入ったスープを注文(5ソル(約200円))あっさり味のスープでした。

お腹も一杯になりましたので、アルマス広場へ向かいカテドラルに入ります。丁度ミサの最中だったので退散します。

その後、定番ではありますが14角の石(ただ単に溝が彫ってあるだけのように見えるのは私だけでしょうか)及び12角の石の見学。その後、インカ博物館方面の高台を散策しアルマス広場に戻りクスケーニャ(ビール)を飲みながら暫くベンチで休憩。遠くに来たなとしばし感慨に浸れる時間になりました。

そろそろ、チェックイン可能な時間になることからホテルに向かいます。途中のSan Francisco寺院の前の露天で、今回の旅行で食そうと思っていた「クイ」を発見!「クイ」はテンジクネズミで、前回に南米へ来たときに現地ガイドからお祝いのときに食べるもの(日本の「タイ」みたいなもの)と説明をうけていました。12ソルとの事で食します!!!

うまし!!!

イメージは、皮はスモークしているので香ばしくてパリパリな状態で、身は癖もなく鶏肉みたいな感じでした。ペルーに来た際には、一度食して見てくださいね(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。