脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

2017年2月3月の南米(ペルー・ボリビア・ブラジル)旅行4

旅行3日目。翌朝4時に起床し水シャワーを浴びて気合を入れてマチュピチュのバス乗り場へ向かいます。フロントにてソファーに寝ていた従業員を起こしてチェックアウトの手続きをすると・・・何もしなくてOKと言われる。お金払ってないのでもう一度バウチャーを見せるとお金請求されました(笑)そんな感じのチェックアウトになったしまったのでちょっと出遅れててしまい5時ぐらいにバス停に到着。6時の始発まで時間あるのに結構もう並んでいます。私はワイナピチュにはやい組で入山する予約をしていたので早めにバス乗り場に行ったのですが、終日このような賑わいなのかも知れませんね。

ちょっと早めに始発のバスが走り出し、私達も5:55にマチュピチュ入り口に到着・・・あいにく残念な天気です(汗)バスを待っているときに仲良くなった卒業旅行中の大学生と話しながら6時の開園を待ちます。大学生は初めてという事で(普通はそうですよね・・・)見学ポイントがわからないとの事だったので少し早足で登り見張り小屋に向かい真っ白な景色を見学(´・_・`)私は、この後ワイナピチュに行くので、地○の歩き方を出して大学生にザックリの現在位置を教えてウユニやリオで会えたら良いねと挨拶をして別れました。

(本当はダメなのですが、朝早く係員もいないので)通常見学のルートを逆走しワイナピチュの登山口に向かいます。だって、一番奥にあるので見張り小屋から行くとめっちゃ走って向かわないと時間に間に合わないので一瞬のルートだけだしごめんなさいです。

入り口に到着するともう並んでいます。7時に係りの人が来て登山口の南京錠がはずされ入山時間をサインし頂上へ向かいます。まずは、入り口から500mくらい下ってから登ります。雨のせいで足場が滑りやすいのもあり、ゆっくり休みながら登頂しました。標高が高いのも関係してなのか、息は結構切れます。多分晴れていれば、景色を楽しみながら登ってテンション高いままでいれるのでしょうが・・・

約50分で無事登頂!絶景を期待していたが、案の定真っ白。。。

頂上には休憩所とかも特にないので岩に座って霧が晴れるのを待ちます・・・が、1時間ほど待っている間に何度か霧が抜けそうになるのですが、ワイナピチュ山頂からマチュピチュを見ることも出来ず下山します。残念ですが天候だけは仕方ないからね。

途中階段から滑ったりする事件もありながら約40分で下山。再度、マチュピチュを見学をするために一旦出口に向かいます。下山途中で霧も晴れてきて景色良くなりましたが、ワイナピチュ山頂はまだ霧は晴れていませんね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。