脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

スペイン トレド 511DAYS(SEP/8/2019)

オラ。脱サラジャーニーです。

今日はマドリードから電車で約1時間で行けるtoledo(トレド)の散策に向かいます。

8:50にMadrid Puerta de Atocha(マドリッドープゥエルタデアトーチャ)駅発の電車なので、7:45に宿を出て朝日を見ながら歩いて向かい到着。

Atocha駅の電車乗り場は2箇所あり駅入って右奥の改札らしいのでそちらに行きチケットを見せたら乗り場に入ります。待ち合わせの椅子は電車の椅子が使われている場所なんかもありましたが、結構到着ギリギリだったので急いで乗り場に向かいます。

約1時間の移動を経てトレドに到着。トレドは始発駅ですが帰りの電車の確認。実はここに来る前にSanta Iglesia Catedral Primada de Toledo(トレド大聖堂)の開く時間が日曜日は14時からと知り予約していた15:25に間に合わなければその後の電車にと思って確認したのですが、2時間後か・・・できる限り予約済みの電車で帰ろう。

トレド駅は歴史ある駅で駅舎の中も素敵でした。

駅を出るとお馴染みの赤いバスが待っています。が、それは利用せず歩いた先にある通常のバスも約5時間の滞在で時間読めないので自分の徒歩で見学します。ということで、景色を見ながらPuente de Alcántara(アルカンタラ橋)に向かいます。

アルカンタラ橋をすぐにでも渡りたいのですが、奥の方の景色も良さそうなので先にそっちに行って景色を見ます。切り立った丘の上にそびえ立つAlcázar de Toledo(アルカサル)の存在感はさすがです。

サン・マルティン橋を渡ります。正面には市街にいける階段がありますが、右側のルートから回り込んで向かいます。だって、エスカレーターのマークがあるので(笑)

それでも、坂を登っていくことには変わりなく景色を見て長いエスカレーターを登り前のみんなが写真を撮っている場所に私も行くと、いい景色を見ることできました。

エスカレータを登りきりそこからも景色を見て市街地に向かうとトレド大聖堂付近に到着。

あれ?ドア開いてない???

ということで扉をくぐり中に入ります

中ではミサが行われていました。ただ、この場所からではその場所は見えないのと奥には行けないので(この場所は無料で見学できる場所らしい)そこから見える範囲の見学をします。

さて、トレドの滞在は5時間。効率よく行かないとということで、一番駅から遠いMonasterio de San Juan de los Reyes(サン・フアン・デ・ロス・レージェス修道院)に向かいます。準備中の可愛らしい人形がある食べ物屋さんを通過しさらに奥に進み修道院に到着。

修道院は10時からオープンで到着すると一番乗り。チケットの価格を聞くと3ユーロ。案外高いな・・・ここだけでなく他の場所も見学出来るチケットはないか確認すると10ユーロで7箇所(トレド大聖堂は含まず)回れるチケットがあるとのことで購入。地図と腕にチケットを巻かれ修道院の見学へ。どうやら私が一番乗りのようで扉の鍵を開けてくれ中に入ります。

ちなみに、修道院内はこんな感じでした。

教会内を見学し外に出て回廊を歩いていると、どうやら2階にもいけるようなので向かってみます。まぁ、予想通りな景色って感じではあったけど、ライオンの像が気になりました。

さて、次に向かいます。地図を見て近くのSinagoga de Santa María La Blancaz(サンタ・マリーア・ラ・ブランカ教会)に到着。中を見学。この時チケット売り場がありここも3ユーロ。まとめて見学チケット買っといてよかった。中は思ったより大きい広間みたいな部屋がありました

さて、次はIglesia de Santo Tomé(サント トメ教会)を見に向かいます。が、少し距離があるのでサンタ・マリーア・ラ・ブランカ教会周辺を散策。景色のいい場所に出ることができました。

Área de Juegos Infantiles公園にでてMuseo del Greco(エル グレコ美術館)を通過しサント トメ教会に到着。チケットを見せてどこから来たか聞かれ中の見学へ。ここのエル・グレコの『オルガソ伯の埋葬』の絵は写真撮影NGの場所で常にセキュリティーの人が目を光らせていました

サント トメ教会も見たので外に出て壁を回り込むと・・・小さいドアを発見。中に入ると教会で、ここがサント トメ教会でさっきの『オルガソ伯の埋葬』の絵は教会入り口にある壁画だったのを知りました。ただ、壁画の方から教会への扉は鍵がかかっているので入れず、サント トメ教会の入り口を見つけられなかったら中に入れないところでした。

次はIglesia de El Salvador(エル サルバドル教会)へ・・・扉開いていないので周りを歩くと係りの人がいてここから中の見学ができるといいことなので入ってみます。中は、地下につながっていて教会に行く小さな穴・・・その扉には鍵がかけられていてその先には入れない様子だったので、この場所の見学はこの内容だったんだと次の見学場所に向かいます。


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。