脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

スペイン パンプローナ 454DAYS (JUL/13/2019)

ブエノスディアス。脱サラジャーニーです。

昨日のパティーでの記憶が全くないし目覚まし4:30にかけていましたが全く気がつく事できず朝の8時・・・そう、完全に酔っ払ってしまい完全に寝坊しました。。。

しかも完全に二日酔い(泣)

キャンプ場発のシャトルの時間は5:30の次は15時なので、それまでは朝ごはんのシリアルを食べて反省しながら酒を抜くために寝たりプールに行って寝たりして過ごします。

15時発のシャトルに乗り込みパンプローナの街に到着。

みんな朝の祭りの後は休憩しているのか・・・人気がない(汗)

観光するには良い感じなのかもと思いまがらJardines de la Taconera(タコネラ庭園)方面へ。

タコネラ庭園の前にはお祭りのマーケットが行われていたので、お昼ご飯も兼ねて二日酔いで食欲ないけどさっぱりした食べ物であるCeviche(セビーチェ)を見つけたので頂きます。この酸っぱさが二日酔いの私の体に染み渡る・・・

酒も抜け始めたのでタコネラ庭園を散策。景色のいい場所に出たのでしばし景色を眺めます。

こっちにきた理由は、パンプローナの守護聖人San Fermin(サン・フェルミン)が飾られているChurch of San Lorenzo(サン・ロレンツォ教会)に行きたいので向かってきたのですが、お祭り期間中は教会は開いてないようで会うことできませんでした。

サン・ロレンツォ教会を諦めて、エンシエロ(牛追い祭り)が行われているパンプローナ市庁舎方面に向かう事にします。

みんなBARの前でビール買って盛り上がっています。私も今日朝起きれたらこの中に混じって酒飲んでいたんだろうなぁとみていると賑やかな音楽隊がたまに通り過ぎて行ったりします。

やっぱりどこの国のお祭りはいいもんだね。

その後はパンプローナ市庁舎に向かいます。この場所はある意味牛追い祭りの中心場所でもあったりするわけで多くの人で賑わっていました。

パンプローナ市庁舎の前ではひときわ人が多い場所があったので向かってみると馬がいてみんな記念撮影を撮っていました。

私も馬の写真を撮りたかったのですが、写真撮るのに行列ができていたので諦めPlaza del Castillo(カスティーリョ広場)に向かいます。

カスティーリョ広場からMonument al Encierro(エンシエロの銅像)のある方に移動しました。その付近にはお祭り中に架設されているであろうサンド屋さんがあり美味しそうだったので購入。ビールもわせて7.5ユーロ・・・やっぱり物価は高いのね。

食事をとったらPlaza de Toros de Pamplona(闘牛場)方面に向かいます。

何やらみんなチケットを持って闘牛場の中に入っていく姿を見て・・・私も闘牛見たことないのでチャンスがあれば見てみたいと思い、近くのダフ屋のおっちゃんにチケットあるか確認。

開演はどうやら18:30からのようで今の時間は18時。おっちゃんも早く売りたいのかいろんな人に声をかけています。私もチケットあるか確認すると1番前の席で50ユーロでどうだと。私上の方の席でもいいので安いのないかと聞くとないとの事。じゃあ、いらないと話すと、わかったと上の方の席のチケットを出してきました。20ユーロでいいよと言われもっと安くもできるだろうけども正規価格と一緒だしそのチケットを購入し闘牛を見に向かいます。


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。