脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

スイス イタリア 国境越え 487DAYS (AUG/15/2019)

グルエッサ。脱サラジャーニーです。

今日は移動日です。朝起きて外に行くか迷ったのですが薄着だったので部屋から写真を取り洗濯物を取り込んでパッキングしたら出発です。朝焼け綺麗だったんだけどね・・・

さて、昨日もゆっくり歩いたSankt Moritzersee(ザンクト・モーリッツァー湖)の湖畔をゆっくりサン・モリッツ駅に向け歩いていきます。

途中で、ヨットがたくさんあるエリアに到着し看板を見ると今日何かの大会をやるようでした。

駅に到着。今日乗るLugano(ルガノ)行きのバスの確認をしにチケット窓口に行き予約チケットを見せて大丈夫か確認し乗り場に向かいます。ちなみにこのバスが1日1本で乗れなかったら移動できないという事になりかねないので。バスが来たんで乗り場に行きドライバーにチケットを見せると予約されてないという事を・・・さっき窓口に行って確認したと行ったら名簿に名前を追加し乗り込むことに成功。大丈夫だったんだよね?

バス出発。後はこれで終点までバスに乗ればいいし寝ていくかと思ったらドライバーが喋り出した。どうやらこのバスは普通のバスではなく観光つきのバスのようで景色もいいので見ながら移動することに・・・というか、すごい細い道を進んでいくこともあるのね。

しばらく走るとどうやら峠を降るようでバスはクラクションを鳴らしながら曲がりくねった道を大幅に車線を超えて下っていきます。

日光のいろは坂なんか目じゃないぜと行った感じの坂を下り後は平坦な道を・・・って、もういつの間にかItaly(イタリア)に入っているんですね。

途中駅のChiavenna(キアベンナ)に到着。ここで、トイレ休憩含みの15分間の休憩。一旦バスを降りて散策。ちょっときになる街ではありましたが、バスの周りからは離れられず。

バスは再出発。この後は湖畔の道を進んでいきます。

しばらく走ると峠を登り始めます。そのままいろは坂は目じゃないぜパート2的な坂を登りしばらく走るとイタリアからスイスに戻りました。EUになってない時代はこのバスは運行していなかったのかもしれないなんて考えながら昔の国境ゲートの名残を通過していきます。

約3時間のバス移動を経て終点のルガノに到着。駅は高台にあり景色がいいです。

さて、ここからMilan(ミラノ)へ電車移動なのですが出発まで1時間半ほど時間があるので残りのフランで食べ物(と観光地価格のビール)を買ってのCathedral of Saint Lawrence教会へ。

Lago di Lugano(ルガノ湖)まで行こうかと最初考えたけどバックパックを背負っての坂道はしんどいので教会までにしたのですが、結果正解だったと思います。

さて、電車の時間です。ホームに行き電車を待ちます。

電車は国境のPonte Tresa(ポンテ・トレーザ)で少しの時間止まり(越境の時は警察が電車の中を点検しに来てました)ミラノ駅に到着。

ミラノ駅の見学をしたら今日の宿まで電車で移動し到着。で、宿に到着し近所のスーパーに行くとしまっている・・・というかお店ほとんどしまっています。宿に帰り聞くと今日はイタリアの祝日らしくお店はほとんどしまっているとのこと・・・さて、今日のご飯どうしよう。


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。