脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

ブルネイ バンダル・スリ・ブガワン17日目(2018年2月16日)

(はじめに、2018年の今までの旅行記がメニューから選べず昔の分が読めなくなっていましたが、読めるように変更いたしました。ご指摘連絡を頂いた方にこの場を借りてお礼申し上げます)

あけましておめでとうございます。

外のベンチに座りながら写真を撮ったりブログを書きながらバスを待ちます。

かれこれ7じを過ぎたのでさすがにおかしいと思いインフォメーションに確認に行きます。(朝の5時は流石にやっていなかったので)

なになに・・・1階下降りた到着口を左に曲がったところ・・・って、やっぱり出発側だけにバス乗り場あるのおかしいと思ったんだよね。。。

と言うことで、1階に降りるとバスが来ていますので急いでバス乗り場を探します。。。バス行き過ぎたからまだ先か。

行きたい場所を言ってバスに乗ろうとすると緑色のバスにネクストバスト言われます。

バス停で待っていると現地の方が来たので、ブルネイの首都であるBandar Seri Begawan(バンダルスリブガワン)に行くバス停はここか確認するとそうだと言われます。

さっきのバスは何だったんだろう・・・

青色のバスがやって来て現地の方からこれだよと教えもらい乗り込みます。

バスに乗り込み運転手に1B ドルを支払いチケットをもらいます。

携帯の地図を見ながら周りの景色を見てだいたいどこに居るのかを把握します。

程なくして乗客が全員織り出したので終点と思われる場所に到着。

ここが、ネットでブルネイのバスで調べると出てくるバスターミナルかと思い路線図も撮っておきます。(真ん中のバスのマークのところがターミナル)

ちなみに、ブルネイでの移動手段(タクシーも街中でなかなか見つからない)ので覚えておいて損はないです。安いし。

簡単に説明するとバス色事(青色、緑色、グレー、パープル)で方向が違いバスに明記してある番号毎にルートが決まっています。

詳しくは、この路線図はすぐに見つけられると思いますの現地に来たときに英語表記、マレー表記があるので好きな方で確認して下さいね。

まずは、バスターミナルから南下してブルネイ川を見に行きます。

川の向こう岸には、Kampung Ayer(カンポン アイール)という水上生活の場所があります。

街を北上し、メインのオールドモスクが見えて来まいた。正式名はOmar Ali Saifuddien Mosque(スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク)になります。

写真を撮りに近づいて行くためTaman Haji Sir Muda Omar Ali Saifuddienを横切ろうとすると警察官に止められます。

何かの式典をしていたようです。(後で、中国正月の公式行事だったと理解)

オールドモスクに更に近づくと中に入れる門がありましたが、まずは周りからの写真撮影。

正面に戻って中に入ろうとすると、金曜は休みとのこと。残念ですがホテル方面に向かいます。

というか、ブルネイ旅行での金曜日はなるべく避けたほうがいいかな。

でも、貴重な体験も出来るのでオススメかな(笑)

ブルネイの霞ヶ関を散策し建物が結構おしゃれだと感じました。

(順番に、警察署、Royal Regalia Building(ロイヤル・レガリア)、裁判所)

その後、暑い中重いバックを背負いながらホテルに向かいます。

流石に休みたいので橋を渡った先の喫茶店で朝ごはんにします。

魚のフライの甘いあんかけみたいなもの(簡単にいうと酢豚のあまり酸っぱくないの)とご飯とチャイを8Bドルで頂きます。

ホテルに到着しまいた。14時チェックインなので思い荷物をあづかってもらいます。

この後、洗濯したいので洗剤を買いに近所のスーパーに向かいます。

が、せっかくなので見学してからと思い近所にあった高台に登ります。良い景色を期待するも草木で何もいけてない感じ(笑)

更に奥にある観光場所のような場所に向かって歩いていくと・・・墓地でした(汗)

せっかくなのでちょっと見学。

そこから、Duli Pengiran Muda Mahkota Pengiran Muda Haji Al-Muhtadee Billah Mosqueというモスク到着。めっちゃ立派です。

セルフタイマーで写真を撮っていると現地の人が何をしてるんだいって感じで近づいて来てくれますのでついでに写真撮ってもらっちゃいました。

しかし、ブルネイについてからずっと思っていたけど、ブルネイ人はおとなしいしいい感じの人が多いと感じます。

更に奥にある城(というか、宮殿?)と学校も見学し行き止まりだったので当初の目的であった洗剤を買いにホテルの近くのスーパーに向かいます。

が、途中でバスがちょうど来たのでこのまま街見学にしちゃいました(笑)

バスターミナルに到着し、到着してすぐに行ったカンポン アイールを見にボート乗り場っぽい所に行きます。

向こう岸に行きたいアピールをすると一人の男性が一緒に行こうと話してくれて船を呼んでくれて乗り込みいざ出発。

2分で到着。1Bドルをドライバーに渡そうとするとそのお兄さんがポッケに入れてしまいました。

ちなみに、そのお兄さんはカンポンアイールに住んでいるとの事なので住民割とかな?

ちょっとした見晴台があるので中に入ろうとすると今日は祝日だからやってないとの事。

せっかくなので、街を散策して船を捕まえて来た場所に戻ります。

次は、Kianggeh Market(キアンゲマーケット)に向かいます。

ここは、朝市が有名らしく来た時点では閉まっている店もありましたがまだ活気はありました。

最後に撮ったウサギは・・・食用かな?

その後、市場前にある中国ぽいお寺を見学し街散策し、ロイヤル・レガリアに向かいます。

到着時間11:50でやってません・・・

その後、公園のような場所を見学し歩いてホテル近くのスーパーに向かいます。

スーパー到着。やってません。。。別のスーパーに行くもやってません。

しかも、街の店舗全てがクローズになっています・・・(汗)

仕方がないのでホテルに一旦戻る事にしホテル到着するとドア開いてません!

という訳はなく(いや、ほんとドキドキしながらホテルに戻ったんですから)中に入るとチェックイン出来るとの事で一旦部屋に向かい先ほどの出来事を各員すると金曜日の11時半~14時は集団礼拝がモスクであるのでどこもクローズになる事と今日の2月16日は中国正月の祝日ということがわかりました。(ということで、最初の書き出しにしてみました)

そうそう、ブルネイの街中には動物もたくさんいて赤とんぼや猿なんかも街中で見かけました。

読んで頂きありがとうございます。
ブログランキングに登録しましたので、お手数ではありますが以下バーナーのクリックもお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。