脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

チリ イースター島 625DAYS(JAN/6/2020)

ブエナスタルデス。脱サラジャーニーです。

今日でイースター島終了なので、昨日の夕方晴れたし星空見たいなと朝早く起きると・・・雲のせいか見ることできず(泣)星空は諦めますか。それと、昨日は朝日見れなかったので今日参加していたら朝日が観れるかもと昨日の夜思ってましたが、それもダメそうですね。

ということで、2度寝してから起きたら荷物をまとめて担いでツアー会社に向かいます。曇り空なので雨降って来たらやだなと思いながらメイン通りに到着。公園でwifiをつないで時間を潰し、途中で朝食代わりのパイナップルを購入しツアー会社到着。

今日の午前中ツアーのバスを待ちます。バスがやってくると、昨日と同じバス。しかも、ガイドもドライバーも同じ人。私を見るなり手を降ってくれたので私も手を振って答えます。二人に会ってまず最初に聞いたこと、

私「昨日のイタリア人達はこのツアーに参加してる?」

ガイド「してないから安心して」

ドライバー「あの女性は思い出したくもない」

なんて、やりとりをして笑いながらツアー開始。

バスに乗り込み今日のツアーの場所であるOrongo(オロンゴ)に到着。晴れを期待してはいたけど、雨は降らない感じなのでよしとするか。

今日のお客さんは、スペイン語の人がほとんどで英語ツアーは5人。ドライバーがスペイン語のツアーで、ガイドさんが英語のツアーを率いる感じ。公園のチケットに判子を押してオロンゴの中に。看板の場所で一通り説明を受けたら外に向かいます。

Islote Motu Kao Kao(イスロテ・モトゥ・カオ・カオ)を見ながら奥に。ガイドさんが右回りだと混んでいるようだと左回りで行くことに。Ranu Kao(ラヌカオ)の噴火口に出ました。

噴火口を見ながら奥に進んでいきます。昨日行った公園はレンジャーそんなにうるさくなかったのですが、ここは歩く道を外れると笛を吹いて怒られるぐらい厳重に警備されています。ちなみに、レンジャーの監視している姿も少し絵になるね(笑)

一番奥の噴火口がよく見える場所に到着。やっぱり自然ってすごいね。

一番奥まで行ったらイスロテ・モトゥ・カオ・カオを見ながら戻ります。

出口への戻り途中には昔の人の住居もありました。

オロンゴの見学も終わったので、バスに向かい戻っていきます。

ガイドさんから向こうのスペイン語ツアーは大勢だから少し待つように言われ、目の前のお土産屋を使って木から作る紙の作り方を説明してくれました。

スペイン語ツアーの人達が戻って来たらドライバーがバスのドアを開けてくれるので乗り込み少し移動。Mirador Rano Kauという展望台に到着。遺跡の説明を聞いたら小高い丘に登ります。

この場所からはイースター島全体が見える場所とのこと。確かに見渡すと全体を見ることができました。また、向こうは大勢のグループなので少し自由時間。なんとなく、晴れて来た感じだけど、快晴だったら本当に全体見えたんだろうな。

バスに乗りAhu Vinapu( アフ・ビナプ)に到着。ここは、Ahu Tongariki(アフ・トンガリキ)と同じようにモアイが並んでいたけど壊れてしまった場所。確かに近づくとモアイ達があちこちに散らばっています。

アフ・トンガリキも重機で直すまではこんな感じだったのかな。

さて、ここで午前中のツアー終了。スペイン語ツアーの人達を待ってバスに乗ったら空港に向かってもらいます。 アフ・ビナプは空港すぐそば。飛行機出発の2時間前ぐらいぐらいにツアー終わったからちょっとドキドキしていましたが、慣れたもんなのか特に問題なく空港に到着。しかも、ツアーバスで横付けまでしてくれました。

チェックインを済ませようと並ぶと目の前にいた人のパスポートが日本。少し挨拶をして孤高工程を聞いたらマチュピチュ行ってイースター島行ってこの後ウユニらしい。お値段は・・・あっ、やっぱりそれぐらいするよね。私も昔はそっちの感じで旅行してたのが懐かしい。

空港に無事チェックインしたら近所のスーパーマーケットに食べ物と飲み物を買いに行きます。空港に戻って来たら飛行機の出発準備の様子をビール飲みながら見て時間を潰します。そろそろ出発準備ができた感じなので出発ゲートへ行くともりぞうさんとアヤコさんと再々度合流。さらに空港内に入ると先ほどあったヨウコさんとも合流しビールを飲んで乾杯し出発まで時間を潰し

搭乗時間になったので飛行機に乗り込みます。また、サンティアゴで会えますねといいながら座席に行くともりぞうさんとアヤコさんは私の一つ前の列。お二人とは縁あるなと思い前に座っていた方に席を変わってもらい話しながら移動することに。まぁ、飛行機飛んじゃったら疲れてほとんど寝ていましたけどね。

無事サンティアゴに到着。先ほど別れたヨウコさんとも合流。もりぞうさんアヤコさんの友達であるトモさんが迎えに来ていて記念撮影。なんと森ぞうさん達はアルゼンチンの彼に子供できた祝いのオムツを持ってくるついでにイースター島に来たとか(笑)そんな彼らのホテルへ向かうタクシーを見送ったら私は朝まで空港泊なので横になれる場所を探して今日は就寝します。


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2 thoughts on “チリ イースター島 625DAYS(JAN/6/2020)

  1. ヨウコ

    長旅おつかれさまです、ヨウコです!
    自分が他の方のブログにのるってたぶんはじめてです、面白いですね(^o^)
    私も、佐藤さんみたいに自分で手配して好きに回れる、旅マスターにそのうちなりたいです、まずは台湾くらい近いところから…
    またブログ見に来ます、引き続き気を付けて、よい旅を!\(^-^)/

    1. 佐藤 昭良 Post author

      ヨウコさんこんにちは。
      先日はありがとうございました。
      自分で飛行機とか手配して旅し始めるときっと新たな発見もあると思いますよ。
      今後も気をつけて旅させてもらいます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。