脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

日本 鹿児島 番外編 (OCT/31/2020)

こんにちは。脱サラジャーニーです。

今日は、屋久杉を見に向かいます。自力で行くのも考えましたが、説明とかを聴きながら行きたいのでツアーを選択。約20キロの10時間の行程をのんびり自分で行ってもよかったのですけどね。というわけで、ツアーのピックアップ時間に起きて登山バス停留所に到着。想像以上の人混みに少しひきました(笑)

バスのチケットを購入してから登山口に向かうバスが来るのを並んで待ちます。この日は登山者が多いようで臨時バスが運行となっていてバスがどんどん来る感じになっていました。

荒川登山口に到着すると軽く準備運動をしたら屋久杉に向かいます。この時期なのにそこまで寒くないということもあり、私は軽装で参加します。

トロッコ道を進んでいきます・・・ツアーガイド全然説明してくれずにガンガン進んでいきます。自己紹介の時にジャイアント同じ苗字ですと話していたので、ジャイアント呼ぶ事にしようと思いながら、同じツアーの人達も進むの速すぎると文句出るぐらいに我が道を進んでいくガイドさんでした(笑)

小杉谷集落跡の入り口までは、ガイドはほぼ無言のままガンガン進んでいきました。

まぁ、先は長いので仕方ないのかもしれないけど、景色をもう少し楽しみながら進みたいのですが・・・これが、ツアー参加にした場合の弱点と言えば弱点なんだよね。

小杉谷の休憩所に到着。ここで、小休憩。今回のガイドさんはそんなに説明しないんだなとわかったところで、10分ほど休憩をとったら再出発となりました。

この奥もトロッコ道があるので思ったより楽でした。それと、やっぱり今日は参加者が多いようでツアーグループ毎の列が詰まるということもあり進むスピードは若干遅めな感じかな。

三代杉を抜け仁王杉に向かいます。どんどん森の奥に入っていくのはいい感じですね。

仁王杉に到着。

顔に見える!?

・・・ような見えないような(笑)

途中で見えるはすの翁岳は天気イマイチの理由もあり見る事ができませんでした。トロッコ道の終点である大株歩道入口に到着。最後のトイレ休憩をして屋久杉に向かいます。ガイドからのアドバイスで、「トイレの匂いはすごいよ」と言われながら向かいます。まぁ、他の国の汚いトイレも行ったことがあるのでそんなでもないだろうと思いながらトイレに行くと・・・

結構強烈!

でした(笑)

ここからは坂道も増えてくるので荷物を少なくして来て良かったと思いました。

ウィルソン株に到着。ここは人気の場所なので、中に入る順番待ち。中に入りある角度から切り株の跡を見ると

ハートマーク

になっていました。

ウィルソン株での、写真撮影が終わったら屋久杉に向けて再出発です。

途中から霧が出てきて幻想的な雰囲気になった場所もあったりして、いよいよ自然遺産のエリアに入ります。

幻想的な森を抜けて進んでいくます。

いよいよ、屋久杉とご対面・・・あれ?小さくない?

なんか、昔はもっと近くに寄れたらしいのですが現在はこの展望台より前に行ってはいけないとのことで記念撮影を撮ったらしばらく自由行動になります。

あれかな・・・海外でもっと大きい木を見ちゃったから感動が少ないのかなと考えならも大自然を楽しんだら出発時間になりました。

帰りは、初登山の方で足が痛くて歩けないのに・・・相変わらず、ジャイアンはガンガン前に進んでしまうといった状態。屋久杉ツアーはガイドによってあたりハズレが大きいんだな・・・

まぁ、紅葉も綺麗に見れる時期だったし朝早い時間にピックアップもあったからツアー参加でよかったと思いながら出発した荒川登山口に到着となりました。

バスに乗って登山バス停留所に向かい、ツアーのピックアップバスに乗って移動するともう夕暮れを過ぎていました。屋久杉のトレッキングはやっぱり1日がかりで疲れました。


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。