脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

2015年4月5月のスペイン・イタリア旅行

バルセロナに戻って来れました。この後、サクラダファミリアの生誕の門にエレベータで登る予約していたので予定通り帰ってこれてよかったです(´・_・`)ちなみに、サクラダファミリアのエレベータ時間までまだ余裕あるので昨日昼ごはん食べたエンカンツの蚤の市で見かけたトラムの乗車にチャレンジしちゃうことに。「地○の歩き方」を確認すると最初の乗り場は、バルセロナ動物園近くから出ているらしいので移動します。変な場所に行っちゃいとエレベータ乗れなくなってしまうので、分かる範囲で4駅だけ移動します。

3回目のサクラダファミリアに到着しました。今日は、生誕の門のエレベータでタワーに登ります!ちなみに、昨日の午後は先日の飛行機事故(ジャーマンウイングス9525便墜落事故)の追悼式典が急遽あってエレベータ動かすの自粛したらしいです。不謹慎かもだけど、日本での予約今日にしといてほんとによかったです。で、まずはサクラダファミリアに入場する前に外周の見学を実施。何回見ても飽きないです。

入館しました!エレベータに乗る時間まで30分ほどあるので、ゆっくり見学を実施。昨日見たステンドグラスは、太陽のある位置が変わると違った表情を見せてくれるのでドキドキします。あと、昨日は追悼式の準備がされていて真ん中の椅子に座れなかったのですが本日は座れるとの事でしたので天井も撮影。やっぱりこの建物はすごいな。

エレベータの時間になりましたので生誕の門側のタワーに登ります!ちなみに、エレベータは生誕の門をくぐって右側すぐの場所にあります。また、チケットですが

https://www.clorian.com/site/SagradaFamilia/?lang=en

でとれますので参考にしてください。

一番上に着きました。景色結構良いです。

ちなみに、生誕の門側の帰り(下り)は階段でゆっくり降りて来れますので作業現場やオブジェを堪能しながら降りて来れるメリットがあります。改めて思いましたが、サクラダファミリアはまだ未完成なんですね。

最後は螺旋階段を降ります。急いで降りると目が回りますね・・・

    

閉館まで時間があるので、再度見学。ちなみに、サクラダファミリアの正面入り口には日本語の明記もされているのですが。。。東側は生誕の門、西側は受難の門も入口になっていますが、ローマ法王とかの公人はこの正面入口から入って来ますから!と、昨日ガイドさんに聞いて感心したので書いておきます(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。