脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

ブルガリア ソフィア 527DAYS(SEP/24/2019)

ズドラヴェイテ。脱サラジャーニーです。

朝起きると今日も雨・・・ホテルのチェックイン時間は11時からなので雨仕様に着替え軽く街の散策に向かいます。

まずは、Serdika(セルディカ駅)に直結しているAncient Fortress Serdica(セルディカ遺跡)へ。駅の中に遺跡がある意外な風景を楽しみます。

セルディカ遺跡を見たら大統領官邸前の衛兵を見に。丁度右と左入れ替わってる最中だなと少し見たらTsarkva Sveti Georgi(聖ゲオルギ聖堂)へ。聖ゲオルギ聖堂内は撮影禁止だけど、アレクサンドル・ネフスキー大聖堂と同じ感じ(こっちの方がかなり古いけど)でした。

Tsarkva Sveta Petka Samardzhiyska(聖ペトカ教会)にやってきました、半地下の場所に入り口があるので中に向かうと中ではミサか何かが行われていて係りの人から入れないとの事。

さて、宿に帰りチェックアウトして荷物を預かってもらったらBoyanska tsarkva(ボヤナ教会)を見に向かいます。行き方は昨日使ったトラムに乗り同じようにkv. Ovcha Kupelで降りてバスの170番に乗り換えていくのが一番楽な行き方らしいのですが・・・残りのキャッシュが13.5レフしかなく、ボヤナ教会の入場料10レフとトラムとバスに少なくとの3回以上乗る170番バスを利用する方法ではいけないので昨日のkv. Ovcha Kupelの一個先であるbul. Nikola Petkovまで移動します。ちなみに、トラムとバスに1日乗れるチケットは4レフなので、昨日の朝にあのまずいドリンクを買わなければこの楽なルートでいけたのにと反省。

bul. Nikola Petkovに到着。ここからボヤナ教会までは2キロちょっとほど歩いていけば到着出来るのですが、そこに行くまでの途中にNational Museum of History(国立歴史博物館)があるのでそこによってクレジットカード使えればボヤナ教会と合わせたコンボチケット(12レフ)で買えるかもしれないので向かい到着。チケット売り場に行きキャッシュカード使えるか聞くと使えないとの事。正面から写真撮って当初の目的地のボヤナ教会に向かいます。

ここからは坂を登りボヤナ教会に到着しました。

チケット売り場に行くとクレジットカード使える。最初から使えると知っていたら1日券買って楽に移動してさらにコンボチケットで国立歴史博物館もいけたじゃんと思いながらカードでコンボチケットを購入しまずはボヤナ教会の見学へ。ボヤナ教会の入り口に到着すると扉が閉まっている・・・なので、扉が開くまで教会で周りを回り時間つぶし。

10分ほど時間過ぎたので、さすがに何かあったのかとチケット売り場に戻り女性に話すと5分後に行くと。チケット売り場の女性が来たら扉を開けて中の見学へ。当然のように中は撮影禁止。もしかしたら、教会内の見学時間はチケット売り場の女性の気分次第なのかもしれないな。

ボヤナ教会をみたら国立歴史博物館に向かいます。チケット売り場でさっき冷たく「キャッシュのみ」と言った女性にチケットをみせハンコを教えてもらい敷地内に入ります。

館内は基本撮影フリーのようで写真を撮って見学。

黄金とかも普通に置いてありました。(館内は空いているのもあってだと思いなすが、私が黄金の近くに行くと係りの人が後ろに立っていたりしましたけどね)

さて、そろそろ宿に戻ることにします。ちなみに、もう現金がないのもあってセルディカ駅近くのカードが使えるハッピーというレストランに向かいました。中に入るとちょっとびっくり。ウェーター女性のスカートがみんなマイクロミニ。フォークとか落としたら拾ってくれるのかな(笑)まぁ、男性はお店の名前通りハッピーになれるお店なのかもしれないね。

といっても料理は本格的なブルガリア料理。とりあえず、最後の食事だしブルガリアっぽいのを注文してみました。

さて、今日は深夜バスでRomania(ルーマニア)のBucharest(ブカレスト)に向かいます。雨が降っているので宿で待機し20時になったら雨が弱くなったのでバス乗り場のSofia Central Bus Station(ソフィア中央バスステーション)に向かい到着。

バスステーション到着と同時に雨がまた強くなってきたので駅の中に入って雨宿り。23:30発のバスがきたので乗り込んで移動となります。思ったより今回のバスは空いていたな。


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。