脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

フランス マルセイユ 498DAYS(AUG/26/2019)

ボンジュール。脱サラジャーニーです。

今日はChâteau d’If(シャトー・ディフ:イフ城)とLes Îles(レ・ズィル)の見学に向かいます。昨日のうちにチケットを購入していたので9:30の船に間に合うように出発。それでも、少し早めについてしまったのでVieux-Port(マルセイユ旧港)で朝ののんびりした風景(漁師は魚を売りながら後ろで釣りをしている)風景を見ながら散歩し時間を潰します。

船乗り場に人が並び始めたので私も並びに行きます。最初は島民が乗り次にグループの人、最後に一般の人の順番での乗船ぽかったのですが、私前から2番目だったのに船の先頭は島民が確保してるという・・・観光客優先とかではないのかね?

港の中には船がたくさん為か、ゆっくりと進んでいきます。

外洋に出ると船は一気に加速してイフ城に向かいます。

イフ城に到着。次のレ・ズィル行きの船まで1時間しかないので急いでチケット売り場へ。ゆっくりしていると、船を降りた人達で行列になってしまうと思ったので。チケット売り場は案の定一ヶ所しかなく行列になったなと思いながらシャトー・ディフの要塞(監獄でもあった)中へ

ちなみに、ここは日本語ガイドのパンフレットがもらえたのでガイドを見ながらゆっくり見学する事出来ました。まずは、一階を見学。ここは牢獄でもあったので、その頃に収容されていた有名な人の再現VTRも流されていました。(日本語ではありませんけど)

イフ状の2階へ。ここには噂の鉄仮面の男も収監されていた場所(死ぬまでずっと鉄仮面をしていた人らしい)や死刑囚の部屋がありました。ちなみに、死刑囚の部屋は窓もなく真っ暗で気分悪くなる感じでした。

3階の屋上に出たらこの景色が待ってました。

さらに上に行ける場所があったのでそちらに登り景色を。まぁ、あまり景色は変わらないけど、一番上は雨が流れるように少し斜めになっていました。

さて、シャトー・ディフの要塞は大体全て見たので外に出て船が来るまで島を一周。灯台の付近が工事中で近寄れなかったけどその他は大体見れたので船着場に向かい船を待ちます。

船がやってきました。日陰から乗り場に行く次の目的地のレ・ズィルからマルセイユ旧港に向かう逆の船らしく再度日陰に戻り船が来るのを待ちます。ちなみに、チケット売り場でもらった船のタイムスケジュールに若干の誤差が出始めてましたので、タイムスケジュールは大体の目安で動いた方がいいとんだなとここで認識できました。

レ・ズィル行きの船に乗り込み20分ほどで到着。

この島には観光バス(という名の機関車のような車)もあるようなのですが、とりあえず景色もゆっくり見たいので歩いてPlage de Saintという公共ビーチに向かいます。

ビーチ到着。道を降ればすぐに綺麗な海なので暑いしすぐにでも行きたいけど、ここに入るのは後の楽しみにしてビーチを見ながら奥にある高台へ。先に登ってきちゃって良かった!

さぁ、海水浴の時間。トイレで海パンに履き替え海へ。魚も近くを泳いでいるのが見えるぐらいの透明度。やっぱり、綺麗な海って最高ですね。しかも玉砂利でもないし(笑)


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。