脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

ホンジュラス テグシガルパ 576DAYS part2(NOV/18/2019)

そこから、バンに乗りセントロへ。簡単なお昼を食べたらEstadio Nacional de Tegucigalpa(エスタディオ・ティブルシオ・カリアス・アンディーノ)に向かいます。スタジアムは小高い丘にあるのでここからの景色もいいな。

ただ、目的地はここではなくさらに奥にあるParque Ecológico Cerro Juan A. Lainez(セロ・ファン A. ライネス自然公園)に向かいテグシガルパの街を見ようと思っているのでスタジアムの横を歩いて行きます。入り口に続く道の入り口には日の丸が。日本って結構中米諸国に援助してるんだなと思いながら入り口到着。入り口には銃を持った兵士がいたので有料かなと思っていたら、挨拶をしたらそのまま中に入れました。

テグシガルパの街を見ながら砂利の坂道を登って行きます。たまに車が横を通過するだけで歩いて移動する人は皆無だなと上がっていくと舗装されて場所に到着。ここを歩いて行きます。

しばらく歩いていくと公園に出ました。ここからの景色いい感じだね。

でも、私が行きたいのは街中からも見えたこの地図にある一番上の展望台に行きたいのです。が、上にはこの舗装された道から行くことができず、結局丘を一周して舗装した道を歩き出した場所の少し先に上に上がる道が・・・まぁ、景色見れたから(木がいっぱいであまり見れなかったけど)よしとしよう。

という事で、展望台に向かい坂を登っていくと見えてきました・・・が、途中で壁にぶつかってしまいゲートがあるその中に入ろうとすると中には入れないと言われます。

奥のあそこの展望台に行きたいと指さすと塀の外を歩いて行けと・・・あそこに行きたいだけなんだけどと話すと壁の横を指差しその道を進んでいきます。

壁の横を歩きながら心のどこかでなんとなくわかってはいたんだけど・・・

やっぱり工事中で中に入れず。(汗)

展望台を前にしばらくその場に座り込んで休憩。

ショックから立ち直し周りを見ると公園があったのでそっちに移動してさらに休憩したら下山します・・・展望台まで行けると思って登ったので結構工事中だったのはショックだったけど、いい景色見れたからまぁ、これはこれでよしと思います。

セロ・ファン A. ライネス自然公園の後はMercado San Isidro(サン・イシドロ市場)にでも行こうかとも思っていましたが、結構暑いので一回シャワーを浴びに宿に戻ります。

さて、この後は昨日行ったParque Naciones Unidas El Picacho(ナシオネス・ウニーダス・エル・ピカチョ公園)で夕日と夕焼けを見に行こうと考えていたので、少しホテルでゆっくりしたら目の前のスーパーでお酒買いに。外に出るとさっきまで晴れていたのに曇り空に・・・

とりあえず、治安悪いから夜にかかってしまうこの時間に本当に行くかどうしようか悩んではいましたがお酒も買ったしナシオネス・ウニーダス・エル・ピカチョ公園に向かうバンが通過する場所に移動し乗り込みます。バンは混んでいたので立ち乗りで移動。移動中には外の景色を見ながらナシオネス・ウニーダス・エル・ピカチョ公園の中は禁酒だったしそこまで行っちゃうともしかしたらバンもなくて宿まで約10キロ歩く事になるし・・・などなど考えていると不安が広がってしまい、目の前にいい景色が広がったので運転手に降りると言って降りる事に。

さて・・・夕日はもうこの曇り空では期待できないしここから見れない場所なので約2時間暗くなるまで時間つさないと。買ってきたワインを飲みながらガードレールに座り時間を潰します・・・もう一本あっても良かったかな(笑)

17:30に日の入りで18時には暗くなってきたのでこの夜景を見ることができました。

さて、夜遅くなる前に宿に向かう事にしてバンがやってくるのを待ちます。30分経過しもう3キロくらいだし歩いて帰るかなと思い始めたらバンがやってきました。中に乗ると乗客5人しかおらず、この時間にばんでセントロに向かう人はいないんだなと(本当がもう少し暗くなるまで待って写真撮りたかったけど思ってもいたけど)ちょうどいいタイミングで帰れた感じだったかな


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。