脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

ペルー パラカス 604DAYS part2(DEC/16/2019)

さて、桟橋に戻ったらリマ行きのバスまでは2時間ほど時間あるのでパラカスの街を散策。海沿いを歩いているともう一つの桟橋に出て多くの人で賑わっていました。多分豪華客船からの人達がきている感じなのか呼び込み達も必死な感じでした。

で、パラカスに来てもう1箇所行きたかったParacas History Museum(パラカス歴史博物館)に向かいます・・・工事中。隣にあるお店の人に聞くと現在工事中で(さっきの人がたくさんいたマリーナ)移動したとの事。

同じ道を戻るのもあれだと思い裏側にある道を戻ることにすると・・・通り1本裏に入っただけでなんか復旧中な感じ・・・もしかしたら。2007年の地震の影響がまだ尾を引いてるのかな?

海岸に戻って来たのでパラカス歴史博物館に向かい到着。

入場料の10ソルを支払い中に入ると

せまっ

でも、古代の手術跡のある骸骨やパラカスの頭蓋骨になった長い頭蓋骨もおいてありました。

ちなみに、「パラカスの頭蓋骨」は地球外生物かもと騒がれたもので、現在も謎の解明はしているとかいないとか・・・

そろそろランチにしたいので、街散策に戻ります。やっぱり観光地なのかどこも高いなと値段を見ながら歩いていると、メニューを持ったおばちゃんが呼び込みしていた。セビーチェとここからある食べ物選んで15ソル・・・安いので即決し頂きました。食べてる間は地元の人も結構入って来たので正解だったのかもしれません。

さて、お腹もいっぱいになったのでバスの出発1時間前になったので、ちょっと中心部の外れだしちゃんとあるか心配なので先に確認したいのでとりあえずcruz de lsur(クルーズデソル)バスターミナルに向かい到着。デジタルチケットを見せるとここであってるとの事で一安心。

まだ、バスの時間まであるので正面にオブジェがあったのでビール(バスターミナルでの購入はちょっと高いけど周りに何もないので)を買って向かいます。

登ってみるとパラカスの街を一望出来ました。もう一本ビール買ってくるんだったな(笑)

バス出発30分前になったのでターミナルへ戻り待機・・・バス来ません(汗)

結局14時にバスは来たので乗り込み寝てリマに向かう事に。途中で起こされ、何とみると車内食つき。やっぱり南米のバスは侮れないな。(飛行機と同じぐらいの値段するしね)

リマ付近に到着しました。ここいらあたりから渋滞が始まりバスはゆっくり進み18時にバスターミナル到着。日も暮れ始めちゃってます。

お宿桜子に戻ります。この時間は、渋滞もひどいので約2キロ離れたAngamos(アンガモス駅)に向かい歩いていきます。振り返るとちょうど夕日の時間。

駅に到着すると帰宅ラッシュなのかすごい行列。

私もしばらく並んでいると中に入りエレベーターに乗ると、入場規制していて結構並んでいる。ところが、一番右の入り口だけ列が短いので行ってみるとトランプを配っている人がいます。入場規制が解除して中に入り始めるとトランプを持っている人はトランプを配った人にお金を払い入り口の機械の前でカードをかざして中に入っていく風景が・・・なるほど、これは商売なのね

そんな光景を見たら、結構混んでいる電車に乗り込みお宿桜子に向かっていると先日やっていなかったピラミデデルソル駅に停車しました。そっか、週変わったからねと一個奥のスーパーで買い物をしたら駅に戻って来ました。他の駅は駅前賑わっているのに新駅は新しいからなのか賑わっていないのが印象的でした。


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。