脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

2018年1月の北海道旅行4

昼食もとったので、インフォメーションに行き歩いていける日帰り温泉の場所を確認します。なんと、みんな14時以降からとのこと・・・14:10のバスで知床斜里駅に戻るので今回は諦めることにしようか、思い切って7キロ先のオコンコシンの滝を見に歩いて行こうか思案しながらネットを調べてみるとここから少し歩くが国民村で温泉入れるとの情報が書いて合ったので向かいます。景色も良いし良い判断だったかな。つきましたー!車1台止まっているけどなんか雰囲気違う感じ。。。あら、やってません(泣)

残念でしたが、自然遺産の知床の奥の方に冬なのに歩いてこれたと思い込みながら道の駅方面に戻っていると流氷ポイの見たり来る時に気がつけなかった滝を見ることもできたのでよかったと思いました。

1時間半あるバスターミナルでの待ち時間やることないので、途中にあるセイコーマートでお酒とつまみを買い向かっていると「夕陽台」という看板が目に入りました。1キロとのことだったし時間もあるので結構な坂を登る感じですが向かってみます。途中スノードームの作っているとこをも見学したり何より良い景色いただけました(笑)

バスの時間になりましたので知床斜里駅に戻ります。帰りは途中で気がつくと寝てしまいあっという間に駅に到着。電車の出発時間まで1時間あるので近くにある道の駅にお土産に向かいます。やっぱりキンキは高いですね。なので、私は翌日の朝食用にホッケの開き298円とお土産を買っていもだんご村に向かいます。

電車が出発する16:33には、知床はもう夜モードになってしまいました。

鱒浦駅に到着し電車を降りたら何か寒いです。あっ、毛糸の帽子を忘れました。電車は出発してしまったのでとりあえずいもだんご村に足早に向かいます。芋だんご村に到着すると楽しみにしていた五右衛門風呂の準備がされています。ウトロ温泉で入れなかったから楽しみ倍増(笑)帽子を電車に忘れたた話をおかみさんにすると網走駅に電話をするアドバイスと電話番号をいただきました。電話連絡するとあり今日明日で取りに来て欲しいと言われたので五右衛門風呂の後に食事を食べに網走に行くので後ほど取り行くと話電話切ります。さぁ、いもだんご村に予約する時に準備のお願いをいていた五右衛門風呂を堪能できます。(私一人の宿泊だったのに対応頂いて本当にありがとうございました)まずは、家の中のお風呂でシャワーを浴び浴衣のみ羽織って外にある五右衛門風呂に向かいます。オーナーから入り方のアドバイスをいただき楽しみます。写真等を撮って頂きあとは一人で楽しむ時間。車のライトどうするか聞かれたのでもちろん消してもらいます。

予想通り満天の星空!(でも、写真は・・・ごめんなさいな結果)その後、しばらくすると今度は雪が降って来ます。星空の下での風呂と雪見風呂を両方楽しむ事が出来たので大満足の時間になりました。

次は、夕食を食べるのと帽子を取りに網走に向かいます。いもだんごむらに置いてあった網走の飲屋街の紹介リーフをみてオーナーからおすすめのお店を教えて頂きおかみさんからは繁華街はJR駅から離れているとの情報を頂き、19:36分鱒浦駅発の電車で向かうため車で駅まで送るお願いをしたところ快く承諾いただけました。網走到着し紹介頂いた「蒸気船」というお店に到着。週末ということもあったのか店の中は混んでましたがカウンターが空いてましたので通してもらえました。飲み物食べ物を注文したのと宿においてあったリーフレットの話をするとサメガレイの煮付けをサービスでいただけました。大変美味しい食事をすることができました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。