脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

アルゼンチン エル・カラファテ 630DAYS part2(JAN/11/2020)

座席も確保できたので少し仮眠をして最後のGlaciar Perito Moreno(グラシアル・ペリート・モレノ)に向かいます。

まだまだ距離あったのですが、早めにいい場所確保したいので船の外に行き待機。天候が悪くなったのもあってかさっきより寒いけど遠くに白いグラシアル・ペリート・モレノが見えた時は感動しました。

だんだんと近づく船。あの氷河の大きさ伝わないかなと思い見ていると近くを走っている船が。これでどれぐらいデカイかわかるかな?

この船もあの船ぐらい近づくのかなと思っていましたが、大型船なのもあってかそこまでは近づかず。氷河に近くにはあの小さな船に乗らないといけないようです(ただ、この氷河しか見れないツアーかもしれませんが)

船は旋回しだしたのでぐるっと回って見学するのかと思ったらそうではなく近くの船着場に到着。船に乗っていた人が降り始めたのでもしかして上陸かと私も向かうと、あなたは違うと。ここで降りて宿泊するツアーの人達が降りていった感じでした。

再度出航し、氷河に近づいたらあとは出発したプンタ・バンデラに戻るだけ。船の中は人数減ったこともあり前の方の席を確保できました。

でも、船内はあったかくて気がついたら寝ていて出航場所に戻ってきてました。結構先に船を降りてピックアップのバスの一番前の席をゲット。いい景色を見ながらEl Calafate(エル・カラファテ)に向かいます。

順調に進んでいたのですが、途中から大渋滞。原因はクルーズ船搬送。ちょうど橋の上は貸切状態で移動していたようで大渋滞になっていたようです。その後は、ホステルまで連れて行ってもらいツアー終了。

さて、ホステルに着いたのは18時。ということで、先日いけなかったReserva Laguna Nimezに急ぎ向かい到着。入園料の500ペソを払って中へ。ちょっと高いな(汗)

中に入ると望遠鏡が置いてあり覗くとフラミンゴが見えました。

さて、トレッキングを始めます。ってか、フラミンゴまでの距離遠いな。入り口で双眼鏡のレンタルやっていたのも頷ける。

その後もフラミンゴを見てトレッキングルートを奥に向かいます。

展望台に到着。Lago Argentino(アルヘンティノ湖)とかもバッチリ見えるし360度いい景色だの展望台に感動。天気良ければもっといいのかもしれないけど。

訪れたこの時期のパタゴニアは夏の時期なのでトレッキングロードもたくさんの花で飾られている感じ。いい感じだから少し遠回りをしてもう一つの展望台に向かいます。

展望台に入ると氷河が崩れる瞬間の写真が。こういうの撮りたかったんだよなと思いながらここにきた目的はフラミンゴ撮影。ここは思ったより近くまで寄れるのでよく見ること出来ました。

さて、出口に向かいます。実は、中に入ってからわかりましたがここに入らなくてもフラミンゴはアルヘンティノ湖側にもいるのでそっちを回れば見れた担だけど、まぁ、このトレッキングルート綺麗だから500ペソの価値はあったかな。

ということで、今日の散策終了。今日は肉多め焼きそばにしちゃいました。


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。