脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

ブラジル アマゾン 610DAYS part2(DEC/22/2019)

ランチは白味魚のフライ。結構美味しいけど骨がたくさんあり食べにくいなと食べていると・・・30分後にピンクドルフィンと泳ぎに行くので(オプションで申し込み済み)すぐ準備して来てと言われ部屋に戻り準備完了し出発。今日からツアー参加した人たちも合流し今朝緊急避難した場所が、見えて来ました。

が、そこはスルーしてもう一個奥にある場所へ。そこにもピンクイルカが飼われている感じね。

もう海パンなので、早速ピンクイルカと泳ぎます。要領は午前中に見ていたので救命胴衣をつけたらすぐ入水。

入ろうとすると係りの人から「触るな」と言われるのですが、目の前にいて中になかなか入れないのですが(汗)

係りの人曰く場所があるらしく少し移動され目の前で餌付け開始。ゆっくりと他の人たちは入水して来ます。

そう、このオプションを購入した時にしようと思っていた事・・・

ピンカイルカに乗ったおっさん

できた感じかな?

で、最後はピンクイルカの餌を奪おうとしましたが、さすがに無理でした。

あとは、10分ほど漂ったらピンクイルカと泳ぐオプション終了。まぁ、これは満足したかな。

ロッジに戻りシャワーを浴びたらピラニア釣りに出発。今日からツアーに来た人達とは別々の船らしく私達の船は屋根付きでガイドも変更。が、このガイド英語喋れないのですが(汗)

昨日の夕方に船で通った場所を進んでいきます。

向こうから来た地元の人達と思われる船は茂みの中に入っていきました。本当はああいった感じのツアーを予想していたんだけどな。。。

いよいよ釣り場所に着いた感じで船首で肉を切り始めました。あとは、肉をつけて釣り竿を入れるだけ。まぁ、これが普通の釣りなんでしょうがガイドがスペイン語で何かを言うとみんな一斉に竿を水に突っ込み大きな音を立て始めました。これが、俗にいうピラニア版の撒き餌と言った感じでしょうか?

停泊した場所で10分ほど釣りましたが、誰も釣れず場所変更・・・その後も移動した場所でも釣れず、スペイン人軍団はもう釣り竿も握らない状態・・・さらに場所を変更し計3カ所でチャレンジしましたが、1匹も釣れませんでした。。。残念。

さてと、ロッジに向かうのかと思いながら船は進んでいきます。

やけに遠回りしているけど暗くなる前に帰れるのかな?と思っているとそのままワニ探し(多分)が始まった感じ。あたりは真っ暗・・・英語話せる人もいないしおしっこもしたいし・・・まるで拉致にあった気分です。

はやく帰りたい・・・(怒)

でも、スペイン語話せないしスペイン語わかる人達は前で盛り上がってるし。

結局出港してから4時間ほどでロッジに戻って来ました。明かりが見えた時は本当にホッとした

部屋に帰りディナーへ。ガイドがワニ見れなかったからと言って近くで捕まえて来たと持って来てくれました。小さいけど本物だし記念撮影。ちなみに、今日のピラニア釣りもう一方の船合わせてこの1匹のみの収穫でした。果たして、今回のツアーこの会社で正解だったのかな?


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。