脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

チリ プエルトナタレス 627DAYS(JAN/8/2020)

ブエナスタルデス。脱サラジャーニーです。

今日はParque Nacional Torres del Paine(パイネ国立公園ツアー)に行きます。事前にネットで調べたら結構高くて宿にツアーないか確認したらツアー会社を紹介してくれました。価格も安かったので事前に予約しました。ツアー会社はCOMAPAという会社で、国立公園の入場料とランチ含まず55USドルでした。ということで、ツアーのピックアップを待ちます。時間より少しはやくピックアップが来たので向かうと大きなバス。中にはまだ3人しか座っていないのでとりあえず進行方向右側の窓側を確保。

バスはツアー参加者をピックアップしていきます。空港近くが最後のピックアップ場所のようでそこで座席は満席になりパイネ国立公園に向かいます。

ここから1時間半の移動らしくバスの外はずっと同じような景色。でも、なんかいい感じだね。

しばらくするとバスは急に止まりどうしたのかと思ったらガイドが羊がたくさんいると。バス前方を見ると確かに羊達が道を塞いで行進している。そんな羊の中をバスはゆっくり進んでいき通過。こんな景色に出会えるなんて幸先いいぞ。

ただ、本当だったらバスから雪山が見れるなのですが、今日はあいにくの曇り空のようです。

最初の写真スポットのLago el Toro(エル・トロ湖)到着したようでカメラを持って外へ。うーん、雲がなと思いながら写真を撮っていると警察の人からパスポートを見せろと。バスに置いていたので取りに行き見せました。なんか、私だけパスポートチェックされたのでドキドキしながらガイドに私何かしたのかと聞いたらたまたま聞かれただけだと思うと・・・なんか。目立ってたのかな?

バスに乗り込み走っているとガイドが車を止めてリャマの群れの場所に連れて行ってくれました。あまり近づかないようにと言われましたが、可愛い顔を見ることできました。

バスは次の見学場所の湖に到着。晴れていたらもっと綺麗に湖と奥の山々見ることできたんだろうな。。。と、少し雲を睨みつけてみました。

バスに乗り込みしばらく移動したらパイネ国立公園の入り口に到着。バスを降りてチケットを購入しに。価格は25000ペソ。チケットを購入したらバスへ戻るのですが、近日中の天候を書いたホワイトボードを発見。可愛い絵だけど今日は天気良くない感じか(汗)

ここでは、全員がチケットを買う必要があるので30分ほど自由時間。晴れてくれたらいいんだけどなと思っていると、少しだけ天気良くなってきた感じに。

国立公園の中をバスが走っていきます。もう少しで天気良くなりそうな感じだなとどんどん進んでいき最初の写真撮影場所に到着。

丘の上に登るようで登り始めると雨風が強くなってきました。しかも、今まであったかい場所にいたからめちゃくちゃ寒い。もう少し厚着すればよかったかなと思いながら綺麗な景色を見たらバスに戻ります。

バスは移動ししばらくすると、変わった木々の場所を通過。何だろうと思いながら次の見学ポイントの滝があるMirador Salto Grandeに到着。そこの看板でさっきの木々は昔この辺で火事があって燃えてしまった後だったことを知りました。

次の見学場所に到着。氷河すげーとしばらく見ていると・・・あれ?ちょっとだけ晴れてきてくれた感じじゃない?まぁ、山の天気は変わりやすいからね。

ここからバスはしばらく走り停車し、景色のいい場所で写真撮影タイム。

撮影が終わりみんなバスに戻ったランチの場所へ。ランチの場所は、ホテルのコテージ。事前にツアー会社に聞いたら38USドルと言われたので私はここではランチ食べないことにして外に向かっちゃいます。だって、ランチ持ち込みできると確認しておいたし。

この景色を見ながらのお米はとてもうまい。食べながら景色を眺めている遠くを人が歩いているのが見えます。その歩いている目的地の先を見ると氷河の氷がありました。

このあとあそこに行くのかと米も食べ終わり1時間のランチタイムはまだ時間も残ってるのでロッジに戻りビールの価格を確認すると4000ペソ。そこまで高くもないし景色を見ていただくことにします。


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。