脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

チリ プエルトナタレス 627DAYS part2(JAN/8/2020)

そろそろ出発です。ロッジにいたオウムを見てバスに向かうと、馬に乗ってきている人たちもいました。この景色を馬で移動するってのも気持ちいいのかな。

食事も終わったので午後のツアー。先ほど見ていたLago Grey(グレイ湖)の場所に行きます。見学時間は1時間。あまり時間もないので急いで行くとバスを降りて進んでいくと大行列。理由は6人しか橋の上に入れないから。

係りの人がいて交互に6人づつ渡るように指示しているので止まって写真撮れる雰囲気ではないので歩きながら写真を撮ったら向こう岸に到着。氷河が見える場所まで歩いていきます。

橋を渡り10分ほど歩くと氷河がみえてきてさらに5分ほど歩くと氷河の場所に行ける河原に到着。思ったより氷河遠いな。

しかも、水もあったり砂利だから歩きにくいんだよね・・・

氷河と水の遥か遠く奥に親の氷河を見る場所に到着しました。ここまでで、30分ほどかかってしまい結構な距離歩いてきました。

奥にはそんなに人もいないので景色を見ながら写真撮ってくれる人を探したらそろそろ戻ることにします。帰りも6人毎で渡ると時間んかかると思うので。

しかし、すごい景色だな。冬はここまで氷河が来ているのかなと歩き・・・最後にもう1枚だけ写真お願いし撮ったらバスに向かいます。

さて、あとはバスに戻るだけ。帰りは橋の行列もなく少しゆっくり橋を渡っていきます。

入り口に到着し少し時間があったのでビール飲んでトイレ行ったらバスに戻ります。

バスに乗り少し疲れたので眠り気がついたらMylodon Cave Natural Monument(ミロドンの洞窟)に到着。入場料を買ったら中の見学に向かいます。

歩いてすぐにミロドンの洞窟に到着。

到着した場所は洞穴。学術的に大事なところとはわかるけど入場料高すぎるからここは見なくてもいいかもとバスに戻ります。

バスに乗り込んだらあとはノンストップでPuerto Natales(プエルト・ナタレス)まで移動となりツアー終了。雨も降らなかったしいいツアーだったな。まぁ、早めのピックアップで席も良かったからな。

日もまだ高いので街中を散策しながら待ちの入り口にあるMonument Of Milodon(ミラドンの像)に向かいます。その近くには大きな手(Monumento de la Mano)がありました。

一旦そこはスルーしてミラドンの像へ。ここは人気あるようでみんな記念撮影していました。

さて、先ほどスルーしたMonumento de la Manoの方に戻るといつの間にか犬達がたむろってる。で、なぜか4輪駆動の車だけくると吠えて追いかけていく。昔に何かあったのかな?

海岸沿いをそのまま歩き景色を堪能したら宿に戻りがてらPlaza de Armas Arturo Prat(アルマス広場)の方に向かいます。

プエルト・ナタレス1日で短いかなとも思っていたけど、結構満足できたなと思いながらアルマス広場を抜けたら宿に到着。ただ、この天気だと星空が見れないのが悔しいかな。


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。