脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

コロンビア カリ 598DAYS(DEC/10/2019)

ブエナスタルデス。脱サラジャーニーです。

今日は夜に移動するのでそれまでは時間があるのでチェックアウト時間までゆっくりしてから荷物を預けて、昨日行ったParque Simón Bolívar Cali(シモン・ボリバル・カリ公園)方面に向かうことにします。昨日歩いたCra. 1(カレーラ1通り)に着くと、もう重機が出ていてイルミネーションの撤収準備をしているような・・・昨日到着してイルミネーション見れてよかったわ。

シモン・ボリバル・カリ公園に到着しましました。ここで何か食べようと思っていたのですが、屋台はまだやっていないので少しそのあたりを散策したらLa Ermita Churchに向かってみます。

La Ermita Churchに到着。しかし、中に入る門は全て閉まっているのでそのまま通りを進んでいると後ろからクラクションが。おっと、歩道だと思っていたけどここも車通るんですね。

さて、そんな場所で見つけた地元の人が入るレストランでお昼にしたいと思います。チョイスしてお皿に出てきてお値段11kペソ・・・やっぱり安いね。

お昼を食べたら昨日の夜にプロジェクションマッピングをしていたSt. Peter the Apostle Cathedral, Cali(聖ペテロ使徒大聖堂)へ。ここは開いていたので中の見学。

聖ペテロ使徒大聖堂を見たらPlazoleta de San Francisco(サンフランシスコ広場)にあるIglesia de San Francisco(サンフランシスコ教会)へ。この教会も扉が閉まっていて中の見学はできませんでした。こんな天気の中に街散策をしていると喉が乾くので途中で見つけたフルーツ屋さんで購入し休憩しながらサンフランシスコ広場で私も少し休憩。

休憩も終わり散策を再開。歩いているとたくさんの楽器屋さんが並んでいる場所に出ました。ここはコロンビアの御茶ノ水といった感じの場所でしょうか?

さて、そろそろ見るところもなくなってきたので宿に向かい歩いていると多くの人が並んでいる場所に。しかもその行列に並んでいる人は花束とかを持っていたので中では何かやっているのかもしれません(後で調べたらMunicipal Theatre Enrique Buenaventuraという劇場でした)

その近くにあったCalima Gold Museum of the Bank of the Republicの見学へ。中に入ると荷物を預けて2階に移動します。チケットとか必要かと思ったけど無料らしく中身はポゴタの黄金博物館をすごく小さくした感じの場所でした。でも、無料だし文句は言えないね。

La Merced Churchに来ました。この教会の作りはおもしろく「くの字」の形をしていてそれぞれに祭壇があり(片方が古い感じではあったけど)さらにクリスマス仕様になっていました。

La Merced Churchから宿に帰る間にはたくさんの壁画が書かれている場所がありました。

宿に戻り明るいこともあるのでTerminal Cali(ターミナルカリ)まで歩いて移動することにして向かいます。距離的には4キロぐらいだしゆっくり景色を見ながら歩いて行き到着。ちょっと治安悪い場所も通るようだったのでドキドキしながらでしたけどね。(なので、不安な人はuberかミニバス等を利用した方がいいかと)

ターミナルに到着しバス乗り場を探します。この中もクリスマス仕様だなと思いながら、事前にネット予約したBolivarianoバスの会社を見つけ携帯画面を見せると3階の乗り場の番号を教えてもらえたので向かいます。

20時の出発で、出発を待っているとその乗り場の横でみんなチケットをもらっています。なので、私も並んで待っていて携帯画面を見せるとパスポートを出せと言われてチケットをもらえました。そのまま待っていたら乗れなかったのかもしれない。次の都市であるIpiales(イピアレス)行きのバスがやって来たので乗り込みます。なんか、バスの停車場にバスがいるのにその後ろに新しいバスが来て止めるのですごい止め方するなと思いながら乗り場の一番前にいたのですぐに移動する事ができバックを預けて乗り込むました。しばらくすると前に止めていたバスが出発するようで私が乗っているバスが一旦後ろにバックして前のバスは出発。前のバス出発してから乗車開始とかすればいいのにとも思いましたが、こういったところが南米っぽいのかなと乗ってしまえば安心なのでそれを楽しんでいる自分もいたりして。


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。