脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

コスタリカ サンホセ 584DAYS(NOV/26/2019)

ブエナスタルデス。脱サラジャーニーです。

今日は、サンホセの散策に向かいます・・・ということで、十分明るくなってから治安が悪いCoca Cola(コカ・コ-ラ地区)を通りPaseo Colón(コロン通り)に向かいます。景色はとてもいいところなんですが・・・この辺りはzona roja(ソナ・ロハ)と呼ばれる地域でわかるように訳すとレッドゾーン。確かにこの地域の雰囲気は他の地域とちょっと雰囲気違います。

コロン通りに出たら通りを歩き(この通りは大通りで多くの人が歩いているので治安はそこまで悪い感じではない)大きな病院横を通りLa Merced Park(メルセー公園)前にあるIglesia Nuestra Señora de la Merced(メルセー教会)へ。公園では多くの浮浪者が寝ていたのですが、警察も立っているので油断しないで教会内の見学を。

そのまま通りを歩き、Parque Central San José(サン・ホセ中央公園)にあるMetropolitan Cathedral of San José(カテドラル)に到着。先ほどのメルセー公園とは違い浮浪者等は目立たなくなってきました。

カテドラルの中は綺麗なモザイクが正面にあり、奥の隣の部屋では多くの人が祈りを捧げていました。正面ではなく横の部屋ってのがちょっと意外でした。

カテドラルを見たら先ほど見えたChurch of La Dolorosa(ドロロサ教会)に向かってみます。前にあるParque La Dolorosa(ドロロサ公園)からはCerro Rabo de Mico(セロ・ラボ・デ・ミコ)が綺麗に見えました・・・、が、この公園も浮浪者が一杯。写真を撮ったらとっとと移動した方が良さそうだ・・・

安全そうな道を選び歩いていくとMercado Municipal de Artesanías(ムニシパル・デ・アルテサニアス市場)に出ました。外国人向けのお土産屋さんがいっぱいありました。

市場を見てコロン通りに戻り歩いていくと見た事あるような門が・・・どうやら中華街のようです。門をくぐり中へ入ると教会(Church of Our Lady of Solitudeという教会でした)と広場と数件の中華料理屋とアジアスーパーがあるのみ。予想していたような中華街ではなかったのですが、せっかくアジアスーパーがあったので中を散策し少し買い物しちゃいました。

なんちゃって中華街を抜けたら使っているか分からない線路を渡りCourts of Justice(裁判所)のエリアにきました。何箇所か裁判所が固まってあるのか周りには書類を持った人たちがたくさんいました。どこの国でも官庁の周りはこんな間になんですね。

裁判所エリアを抜けMuseo Nacional de Costa Rica(コスタリカ国立博物館)が見えてきました。この博物館の名物である銃弾の跡を見たら博物館の入り口に向かいます。

入り口の中に入ろうとすると道路の方から警報のような音が聞こえるので向かってみると、電車が走り抜けて行きました。さっきの使っているか分からない線路ちゃんと利用しているんだと思っていると再度音がなったので近くに行き電車の見学。近くに行ってわかったのですが・・・電車には誰も乗っていなかったので車庫とかに行く電車だったのかもしれません。

博物館の入り口に戻り11USドルの入場料を払い中へ。見学は太古の展示エリアから開始。一番奥にはオーパーツして有名なStone spheres of Costa Rica(コスタリカの石球)も置いてありました。やっぱり不思議な石だよな・・・コスタリカに200個近くあるらしいし。

その後は、スペインの侵略時代の展示物のコーナー

次は、コスタリカの近代歴史やお祭りの紹介コーナーで博物館終了。

建物の出口を出ると博物館は高台にあるので良い景色を望めることができました。

最後は中庭を見学したら博物館の見学終了し出口に向かいます。

チケット売り場を出て外に行くと、受付の人からお前あそこ見たのかと嬉しそうに指差した先をみると最初に撮った銃弾跡・・・あまりにも嬉しそうに言うのので写真を撮ってグラシアスって言っておきました(笑)


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。