脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

コスタリカ サンホセ 584DAYS part2(NOV/26/2019)

博物館を見たら通りを歩き博物館裏手にあるPlaza de la Democracia y de la Abolición del Ejército公園へ。本当はここが正規の博物館の入り口なのですが、現在工事中なのか裏側から入館する感じになっていたので。

ちなみに、博物館横のBlue Castle – Legislatureは警察がたくさんいて封鎖されていたしテレビ局も来ていたりしたので誰か偉い人が来ていたのかもしれません。

そのままParque Nacional(国立公園)側に行きAtlantic Railroad Station(アトランティック駅)を見てSanta Teresita Churchまで歩きます。まぁ、あまりこの辺りには珍しいものもない感じ。

そろそろお昼にしようとAv. Central(セントラル通り)にあるMercado Central(セントラル市場)に向かいます。途中のMuseo del Jade(翡翠博物館)はあまりにも入場料が高いのでスルーして行きます。この辺の通りは多くの人がいしスタバやマックあるので治安はいいと思います。

花屋さんとかもあるんだとセントラル通り進んだらセントラル市場に到着。地元の人が食べているランチを頂くことにします。みんなが注文しているCasado(カサード)という食べ物を湯bさし注文。コーヒーもついて2700コロンでした。ちなみに、メインの食べ物は選べるようで私は肉と言ったら歯に挟まるような刻み肉が出てきました。

さて、これで今日の予定終わってしまったけどこの跡どうしようかな・・・と一旦宿方面に向かい歩いていくときになる建物が見えたので言ってみることにします。

入り口に到着しここは博物館か何か?と聞くとそうだと言われ2200コロンらしいので見学することにします。係りのお姉さんはすごく親切でチケットを買ったら入り口まで連れて行ってくれました。中に入るとどうやら子供向けの博物館のようでいろんなところに係りの人がいますが、あまり見学する人もいないようで外に出ました。

この博物館は思ったより広く外には本物のヘリコプターや電車なんかもあったりして結構な時間飽きることなく見学することができました。

その場所を出たら、美術館があったのでそこも見学。それにしてもここは広いな。

さて、そろそろ出口へ向かおうと歩いていくと警察が立っている博物館があります。壁の裏手に回り奥を覗くと鉄格子が並んでいます。

もしかしてここの建物って・・・と思いながら係りの人に中に入れるよと言われたので向かってみます。そう、ここは私の予想通り昔刑務所だった場所だった見たい。見学を終わり係りの人の裏には昔の刑務所の状態の映像とかも流れていて最初は子供向けの博物館だと思っていたけどこれだけでもここの博物館十分ここで楽しむことできた感じだな。

博物館を出たらもう今日見る場所は無くなったしちょっと夜景も見たいと思っていたので博物館お近くにあったバーに思いきって入ってビールを頂くことに。隣にいたおじさんは陽気な人で、ずっとスペイン語で話しかけられる。中身わからないけどなんとなく仲良くなって話しているとそれを珍しく思った人達が私に絡み始めてくる・・・しかも、段々とここの店じゃなくて他の場所に飲みに行こうぜと・・・もちろんこの地区はソナ・ロハの近くということもあるので断り仲良くなったおじさんにお礼を言って外へ。外は段々と暗くなり始めたということもあり明らかに雰囲気が悪くなってきたので、先ほどの人通りが多かったセントラル通り方面に向かいます。ちなみにちょっと駆け足気味で。というのも、バーを出ると周りの人が一斉に私を見るし、なんかチラチラと様子を見られている感じがすごいし始めたので(汗)

セントラル通りに出たら暗くなるとやばいかもしれないので、そんなに暗くなる前の夜景を見たら宿に戻りもう外出しないことにします。やっぱり、さっきの博物館(Costa Rican Center of Science and Cultureという場所でした)やバーの付近も夜出歩くのはかなり危険な雰囲気がしたし、さすがに46回目の誕生日に襲われたらシャレにならないからねと本日終了。


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。