脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

エルサルバドル サン・サルバドル 573DAYS part2(NOV/15/2019)

さて、先ほどここまできた101のバス乗り場(降りた場所より通り1本奥にありました)に移動し乗り込み40分ほどでセントロに到着。

あたりは大きなマーケットになっていてこの辺の治安悪いのかなとドキドキしながら治安の良さそうなPlaza Centroへ向かいとりあえずトイレ・・・Plaza Centroの中にはクリスマスツリーや3階には簡易遊園地もあるし・・・昼間はそんなに治安悪くなさそうだな。

結構いろんな店を見たけどどこにも絵葉書おいてないなと思いながら地図を見ると普通の郵便局はこの地域にしかない感じなのでグアテマラのこともあったので郵便局に向かい到着・・・って

潰れてないかい?

しばらく立ち尽くしていると奥に向かっていく人達が。ついていくと普通の郵便局ありました。中に入るとセキュリティーの人にお前どこにいく(という感じで)すごい話しかけられる・・・スペイン語わからないんですけど(汗)とりあえず、パスポートを見せて絵葉書出したいと伝え中へ。中は何箇所も窓口がありどこで絵葉書買うのかも出すのかも全然わからず、あっちだこっちだと言われ敷地内を移動。いろんなところを周りもう訳がわからないくなり絵葉書を出してこれを出したいジェスチャー(最初からそうすればよかった)親切な係りのおばちゃんに最初に入った建物に連れて行ってくれました・・・なんだ、あってたのかよと思いながら無事グアテマラの絵葉書を1USドルで郵送出来ました。ただ、エルサルバドルの絵葉書を買おうとしたけどここには売ってない感じでグアテマラの絵葉書のみになってしまった。

絵葉書も出せたのでMercado San Miguelito(サン・ミゲリート市場)に歩いて向かい到着。雑貨がたくさんおいてあると中に入ると非常に大きな市場のようで雑貨だけでなくありとあらゆるものが置いてありました。

サン・ミゲリート市場を出ると大きなタワーとドームが見えました。教会だな(後に調べたらCatholic parish Don Rua Maria Auxiliadoraという場所)と思いそっちに行こうとすると道にたくさんの人が寝ていて、その先は治安悪そうなのでいくのを途中で諦めサン・ミゲリート市場に戻ることにしました。でも、こういう判断は一人旅行の時は必須なのです。

サン・ミゲリート市場から町の中心部であるParque Barrios(バリオス公園)までは通り1本まっすぐ歩いていくだけなので向かいます。途中では人形を作っているお店やアジア風のお寺(後に調べたらSan Francisco De Asis Churchという教会でした)を見ながらセントロ方面に進みます。中心部に行くと人形を売っているお店がたくさん。しかも人形は手作りなので若干微妙なもや結構似ているものもあったりと感心しつつ、この時期に売っているということはクリスマス用の飾りか何かなのかなと勝手に想像してエリア入り口に到着。

Metropolitan Cathedral Of San Salvador(カテドラル)に到着しました。中は結構立派だったのと大勢の人達が祈りを捧げていました。

カテドラルから正面いあるバリオス公園側へ。広場は大勢の人と鳩で賑わっていました。広場を見渡すとカテドラルかとPalacio Nacional de El Salvador(パラチオ・ナシオナル・デ・エルサルバドル)が。

正面に向かってみると3USドルで中の見学ができるようなので入ってみます。中は、勝手に見学は出来ず係りがついたツアーのみ。チケットを買って渡したら椅子に座り出発を待ち時間になったら出発。時間は特に決まってる感じでなく人がそれなりに集まったら(私の時は5人)出発する感じでした。説明はスペイン語のみでした。

パラチオ・ナシオナル・デ・エルサルバドルの見学も終わったのでこの国にあるもう一つの目玉のEl Rosario Church(ロザリオ教会)に向かいます。ただ、そこは太陽の光でだいぶ景色が変わるのでバリオス公園で太陽がちゃんと出るか確認してから向かいます。

ロザリオ教会が隣接しているLibertad Plazaに到着。教会自体の外装は地味。だけど入館料の1USドルを支払い中に入ると

虹に囲まれたような景色に感動。

しばらく椅子に座って景色を眺めます。

太陽の光加減で変わっていく教会内の景色・・・噂通りここは良かった。

ロザリオ教会をみたらもう少し奥にあるIglesia La Merced教会へ。ここの中には大きな絵が描かれていました。船の帆には有名な人達が・・・マザーテレサなんかもいたりして。

さて、そろそろ宿に帰ります。ということで、市場を歩きバス乗り場に向かいます。

Teatro Nacional前のMorazán Plazaについたら風が強くなりだんだんと雲が出てきて一気に雨に・・・この凄さの雨だと雨宿りするしかないですね。

雨も上がったので、帰りはここにきた101番の小さいバンに乗り込み宿方面へ。途中事故現場を見たり渋滞で全然進まない感じでいつの間にか街は暗くなってきちゃいました。

バンがMonument to the Divine Savior of the Worldに到着すると大きなクリスマスツリーの点灯テストをやっていたようで普段見れない景色も見ることできました。

バンは朝にエル・ボケロンに向かったバス停あたりに戻ってきました。そこまで行ってしまうと行き過ぎなのでバスが止まったら途中で降りて宿に向かいます。今日は土曜日ということもあってかPabellón Centroamericano – CIFCOではコンサートがあるようで屋台やチケットのダフ屋が出てに賑わってました。


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。