脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

ドイツ ベルリン 475DAYS (AUG/3/2019)

グーテン・ターク。脱サラジャーニーです。

ベルリンと言ったら「壁」というイメージがあるので今日は壁を求めて散策します。

ということで、Gedenkstätte Berliner Mauer(ゲーデンスケッテ・ベルリナー・マウアー)へ。

Uの電車に乗りBernauer Straße駅に到着。Kapelle der Versöhnung(和解の礼拝堂)方面へ元壁だった公園を歩いていきます。説明文が書いてある場所の写真を見ていると、ベルリンの壁って1枚ではなくて2枚あってその間を兵士とかが歩いていたという事を知りました。

Grenzhaus Bernauer Straße 10a(グレンツハウス・ベルナウアー・シュトラーセ 10a)に到着

昔の壁を乗り越える様子などが書いてありました。ここのパネルの場所にボタンがあったので押してみると解説音声が流れました・・・結構大きな音量で朝早くからすいません(汗)

Kapelle der Versöhnung(和解の礼拝堂)に到着。朝早いのでまだ開いていませんでした。

ゲーデンスケッテ・ベルリナー・マウアーにパネルを見ながら移動。展望台のような場所があり向かってみましたが、10時からのようでここもまだ開いてないようで・・・

とりあえず、正面の壁の向こう側に監視台があるので周りをぐるっと覗きながら回ってみルことに。昔の人もこんな感じでこの間から向こうをのぞいていたのかな。

そのまま、公園を歩きFriedhof Sophien IIという墓地を見て散策終了。次の場所に向かいます。

歩いている時に横断歩道の信号に目を向けると何やら人のような模様になっている。後で調べたらこれはAmpelman(アルペンマン)という名称で呼ばれているベルリン名物だったようです。ちなみに、街のいろんなところで(ショップもありました)見ることができました。

地下鉄に乗りU Kochstraße駅に到着。ここにはCheckpoint Charlie(チェックポイント・チャーリー)があります。向かってみるともう写真撮っている人達がいました。

北側から反対側に行き私も記念撮影。この場所にある写真表裏で違う人というのを知りました。

その付近を散策。朝早いので博物館系はやっていませんでしたが、壁に貴重な写真がたくさんあったので見て過ごす事はできました。

Topographie des Terrors(テロのトポグラフィー)にマーケット(やってなかった)や壁を見て向かいます。到着し入り口に向かうと、ここも10時から・・・仕方ない。

ベルリンの壁づたいに歩いていきPotsdamer Platz(ポツダム広場)に到着。

今までの街の場所とは違い近代的な建物がたくさんあります。でも、そんな場所にも壁は置いてあり、遠くからみると何やらいっぱいついている感じなので近づいていきます。壁一面ガムの噛み跡が貼り付けてありました。しかもここの壁は想像よりも薄いかったし低かった。

ほど近いSony Store Berlin(ソニーストア・ベルリン)に移動し、電車に乗りWarschauer Straße(ベルリン=ヴァルシャウアー・シュトラーセ駅)に到着。

ここからEast Side Gallery(イーストサイドギャラリー)に歩いて向かいます。

到着したの壁沿いを歩くのですが、先にOberbaum Bridgeの方が気になったので橋の真ん中に移動し景色を堪能。川の向こう側ではカヌーの大会をやっているみたいです。

ベルリンの壁沿いを歩いていきます。すると多くの人だかりの場所があり旧ソ連のブレジネフ書記長と旧東独のホーネッカー書記長がキスをしている壁画の場所に。私も記念写真撮りたかったですが、あまりにも(しかも並んでいる)ので諦めてそのまま奥に進みます。

奥に進むとさっきの橋の上から見えたカヌーの大会の場所に到着しました。せっかくなので中の見学をしに中にはいるとちょうどカヌーが走ってました。ゴールした時だったけど。その後しばらくレースはないみたいなのでみんな移動するので私も移動して川沿いへ。景色いいね。

壁散策に戻ります。この辺りは人がそんなに多くないので記念写真撮ったりして。

イーストサイドギャラリーの長い壁を歩き終わり、Berlin Ostbahnhof駅に到着。

電車に乗りS Hackescher Marktに到着。マーケットなのでお昼食べるにはいい場所だと思い移動したのですが、思ったより高い。安いホットドックとビールで軽く食事済ませることにします。


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。