脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

ポルトガル ポルト 516DAYS(SEP/13/2019)

ボア タルヂ。脱サラジャーニーです。

朝になりました。今日の宿は12時までのチェックアウトすれば良いので午前中に観光します。

ということで、昨日夕日を見た旧市街の朝の様子を見たいのでJardim do Morro(モーロ庭園)に向かいます。ちなみに、ポルトの1日券も24時間利用できるので昨日到着して利用開始した14時までは電車に乗って移動してJardim do Morro駅に到着。

昨日気にはなっていたけど行ってなかったMosteiro da Serra do Pilar(セラ・ド・ピラール修道院)へ。昨日の場所より1段高い場所からポルトの旧市街を見る事が出来ます。

朝焼けに照らされた街は予想通り綺麗でした。ただ、朝早いので人が来ない。貸切状態でいいんだけど記念写真撮れないなと思っていたらフィリピン人の夫婦がやってきました。写真を撮ってとお願いすると

お前もフィリピン人か?

と聞かれてしまった。段々と東南アジア人になってきた感じだな。

さて、朝焼けに照らされた街も観れたのでRío Duero(ドゥエロ川)沿いに向かい街を散策しながら向かいます。

ドゥエロ川に到着。下から見る橋の景色もありだなと思いながら観光フェリーの出航準備を見たりして過ごします

ここからモーロ庭園まではロープウェーで移動できるのですが、10時から動き始めるようで駅の前のマーケットも準備中でした。

というわけで、海沿いをドン・ルイス1世橋に移動しの橋の下側を利用し旧市街の方へ。

橋を渡る時に思ったよりも交通量が結構あるので気をつけながら、でも橋の真ん中の場所で立ち止まり旧市街の写真を撮りながら向かいます。

旧市街側に到着しました。旧市街側の海沿いを歩きながらPalácio da Bolsa(ボルサ宮殿)の前のJardim do Infante Dom Henriqueに到着。

ボルサ宮殿の見学に行く前に宮殿の横にあったIgreja Paroquial de São Nicolau(パロキアル・デ・サン・ニコラウ教会)の門が開いていたので見学をしてから宮殿へ。入場料10ユーロで結構するなと思いチケット購入ラインに並んで購入窓口に到着すると、ここの見学はツアーでのみの見学となり一番早くて11時の回らしい・・・それに参加すると宿のチェックアウト12時までに出来ないので諦めて他の場所の見学に向かいます。

階段を登りMirador da Vitóriaという展望台にやってきました。ここからはさっきいたモーロ庭園側を見る事が出来ます。

Igreja dos Carmelitasにきました。中に入るとミサの最中なので、写真を諦めFonte dos Leõesという記念碑の前へ。広場が濡れてる感じと近づいてみるとFonte dos Leõesの一個だけ他と勢いが違う・・・あきらかに壊れていると思うけど、ラッキーなことに虹が見れたりもしちゃったんのでついていたな。

Fonte dos Leõesから近くにあるLivraria Lello(レロ・イ・イルマオン)の方をみるとすごい行列。先にここを見てしまおうと列に並ぶことに。ここに入るには、デポジット(という名の入場料)を事前に払う必要があり行列に並んでいると係りの人にチケットはあるかと聞かれました。当然持ってないので、ここは入場ラインは別の場所にありそっちで買うように言われます。この列はチケット買い待ちだと思っていたけど違うのね。ちなみに、複数人であれば列にそのまま並び他の人がチケットを買いに行くことできますが、一人旅の時はそれができないので一旦列を抜けて買いに行き無事購入し並び直します。

ちょうど歩道の列の折り返し地点に並ぶ事ができ入場規制の人数もあるので人が出たら入ってを繰り返し、並んだ場所から1時間20分経過してやっと中に入れました。チケットを見せどこから来たかを行ってカバンは前にかけて中の見学に入れます。

ちなみに、宿のチェックアウトの時間もあるので15分で本屋の中を見学する必要があります。

ここ絶対に本屋として儲かってないんだろうなと思いながら中を見学していると、結構本を買っている人たちがいます。というのも、チケットの5ユーロは本を買えば戻ってくるらしく記念に買ってる人も多いみたいです。

さて、宿に戻ります。レロ・イ・イルマオンの外に出るとすごい行列。で、その時に気がついちゃったのですが出口から中の写真は撮れるらしくメインの階段はそこからばっちり見れたのね。


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。