脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

スペイン パンプローナ 455DAYS (JUL/14/2019)

ブエノスディアス。。脱サラジャーニーです。

就寝し始めてしばらくすると、雷を伴う大雨になりテントの中まで水浸し・・・明日の天気大丈夫かな?雨だったら行くのやめようかなと本気で思い始めながら起きる時間まで二度寝。

朝の4:30の携帯のアラームが鳴り気合を入れて起きてシャワーを浴びて牛追い祭り(エンシエロ)に行くために受付へ。朝からクレージー野郎(笑)がたくさん集まって来てシャトルで会場まで移動します。(といっても牛追い祭りにみんな参加しに来たわけで当然の光景ですけど)

パンプローナのバスターミナルに到着。だんだんと街は明るくなって来ました。

シャトルを降りたらPlaza del Castillo(カスティーリョ広場)にみんなで牛追い祭りの会場まで移動。カスティーリョ広場に到着したらトイレ休憩。ちなみに、シャトルで移動したツアーの人は走る人と見学する人とで別れて実施する感じでした。

パンプローナ市庁舎前に移動します。途中では牛の走る場所にできる柵の準備中。

テンション上がる!

市庁舎に到着したら祭開始までまだまだ時間あるので牛が走るルートを牛が放たれる場所まで移動しコースの説明。市庁舎までの間は緩やかな坂になってるんだな。

出発場所まで移動したら、市庁舎前に戻って解散となり後は牛が走ってくるのを待つ感じに。

祭り開始1時間前の7時になり液晶画面でやっていい事、悪いことの説明が開始されました。

どうやら荷物を担いだり撮影をしながらの参加は出来ないみたいです。身軽に来てよかった。

あと、汚い服装だったり、裸足だったりも参加できないので警官が始まるまで監視していてこれに違反する人は退場してました(私は、持っていったカメラはポケット入れてOKでした)

説明の映像とともに流れるのが牛追い祭りの映像

いやぁ、テンション上がりまくり

祭開始まで30分前・・・市役所前には人が沢山集まり始めました。

救急隊も集まり出し、牛スタートの場所から闘牛場まで歩いて移動する人達も出て来ます。ちなみに、闘牛場に行くための道には警官が立っていてボディーチェックをしてから通る感じに。

市庁舎前は坂を登ってくるのでそこまで牛達はスピードが出る事ができず、さらに左に緩やかに曲がる場所でもあるので比較的安全な場所と説明されたので私はここでの参加することに。

開始5分前。こんな人たくさんの場所を本当に牛走ってくるのかなといってアキレス腱を伸ばしながらその時を待ちます。


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。