脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

イタリア ミラノ 488DAYS part2 (AUG/16/2019)

宿に戻りシャワーを浴びたら街散策の後半戦。やっぱりドゥオーモに来ちゃいました(笑)まぁ、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の最後の晩餐見学まで時間あるしね。

歩いている時になるオブジェを発見。これ置いといていいものなんでしょうか?


さて、そろそろ時間なのでサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に向かいます。

チケットを見せて中で一旦待機。きっと撮影禁止なんだろうなとパンフレットとかの写真を撮って出発待ち。時間になりチケットを見せてセキュリティーを通ったら中でガイドと合流。

最初の部屋で説明を受けたらいよいよ最後の晩餐を見に黒い扉を抜けていきます。

ありました、最後の晩餐・・・

ん?みんな写真を撮っている!

どうやら撮っていいみたいなので私も写真を撮りまくり(笑)

最後の晩餐の逆側にも絵がありました。すごい絵なんだけどこっち側はあまりガイドさん説明していなかったから重要な絵じゃないのかな?

これにて見学ツアー終了。この絵を見るために13.5ユーロの価値はあったのか私的には微妙な結果になったかな?

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会をでて回り込むと博物館がありました。入場料も必要なようなので私的にはスルーすることにしました。

Castello Sforzesco(スフォルツェスコ城)方面に向かって歩いていきます。この辺はさっきいたエリアと違い緑が多いエリアでした。

スフォルツェスコ城に到着。広場では軽快な音楽が流れています。そういえば、今はサマーバケーションシーズンだったね。

スフォルツェスコ城の内部の見学に行き、この後は約束があるので宿に戻ります。

南アフリカのヨハネスブルグで強盗に襲われた後に助けてくれたイタリア人のハッシーはミラノに住んでいて合流することに。車で迎えに来てくれてNavigli(ナヴィリ)エリアに移動。ちょうどヨハネスブルグで一緒に助けてくれたルカもコンサートをやりに帰ってきているとのことで後ほど合流するとのこと。同時に二人に会えるなんてついているな。

襲われた時の様子はこちらの記事で

ナヴィリエリアはベネチアを意識して作られた比較的新しいエリアらしく食べ物とかも他のエリアに比べると安いとのこと。日暮れ時ということもあって大勢の人で賑わっていました(今日はサマーホリデーだから人少ない方だとのことでしたけど)

少しこのエリアを散策したら食事。ピザを頂きました。

食事をしたらいったんルカと挨拶をして夜のドゥオーモをみる即席のハッシーツアー開始。

途中にたくさんの人形が飾られた不気味な壁が。これは昨年ミラノで殺された女性の数だけ人形が飾ってある場所とのこと。平和を願ってやっているらしいです。

夜のドゥオーモに到着。ライトアップがされていて昼とはまた雰囲気が違う感じでした。

ガレリアにも寄りました。この中の牛のタイルの上で回ると幸せになれるらしく私も回ることに・・・酔い回りました(汗)

その後は、ナヴィリエリアに戻り会話をしたら別れの時間。次は日本で会う約束をして帰ります


読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに登録しています。
これを押すと順位が上がるらしいですので、よかったら押してみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。