脱サラジャーニー〜40代からの世界一周〜

カナダ 国内移動 215日目(2018年9月27日)

オタワに来たんですが、先週末にストームが来たらしく通信復旧中の状態。

宿のネットはつながらないしカフェでつないでも遅くてイライラするのでとりあえずオタワにいる間は放置。

現在は、夏休み最終日の宿題をやってる気分になったわ・・・(笑)

さて、本題に戻りますね。

ボンジュール。

今日は移動日なので早起きです。部屋からの日の出はまだのようです。

という事で、4日間お世話になったこの部屋ともお別れになり6:30にケベック駅に出発

駅に向かい歩きで進んでいきます。最後はこんな道あったんだという感じの直線道路。

道路の先にはFairmont Le Château Frontenac(シャトー・フロンテナック)が見えます。

見慣れた製紙工場が現れ鉄橋で日の出を見て駅に到着しました。

まだ、時間に余裕があったのでちょっと回り道をしてヨットハーバーに向かいVieux-Québec(ヴュー=ケベック)を見てから駅に行きます。

ケベック、やっぱり綺麗な街並みだなぁ。

チケット窓口に行き次の都市のMontréal(モントリオール)行きのチケットをゲット。

ナイアガラに行く時と違い今回はちゃんと座席指定になっていました。

さて、電車発車まで時間あるのでどうしようか・・・

あっ、朝食用に電車の中で食べるPoutine(プーティン)買いに行く事にして先日行ったChez Ashtonへ。街はちょうど日の出の時間で購入後少し散歩をしてから駅に向かいます。

電車の搭乗時間になったので車両に向かい乗り込みます。

電車はほぼ満員・・・でも、旅行中の私はプーティンを朝からアルコールと一緒に頂きます。

隣の座席でパソコンで仕事している紳士が一瞬嫌な顔したけどそんなの関係ないよね!

電車は定刻通りに出発しました。車窓からは1週間後には綺麗な紅葉になっているんだろうなと思うケベックの光景が流れて行きます。まぁ、これはこれで綺麗な景色だからいいんですけどね

Fleuve Saint-Laurent(セントローレンス川)を渡ります。

ケベックシティーと反対側のレビ側に電車入り一路モントリオールへ。

寝ては起きて写真撮りの繰り返し・・・同じようだけどちょっと違うので(笑)

約3時間の電車移動も終えて橋の向こうにモントリオールが見えてきました。

モントリオールではどのような素敵な出来事が待っているか楽しみです。

カナダ国内の電車移動だったのでこういったのをイメージしていたのですが・・・まだだったか


読んで頂きありがとうございます。
ブログランキングに登録しましたので、お手数ではありますが以下バーナーのクリックもお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。